TIMON(TROUT) TOP > STAFF BLOG > Area Field Staff > Tコネクション タックルセレクト

Area Field Staff

Tコネクション タックルセレクト

2017年01月23日

レポート


みなさまこんにちは!
ティモンフィールドスタッフの井上悟です。

先日フィッシングリゾートジュネスさんにお邪魔してきました。

ここは地下水を引いている釣り場なので、あまり外気の影響を受けづらく、例年は暗いうちから良く釣れていたのですが、最近は朝イチよりも太陽が出てからの方が良い時が多い気がします。
そのため、朝イチはスローにスタートして、太陽が出たあたりからだんだんとスピードを上げていくと釣果が上がります。
当日は、ティーグラベル2.8g → 1.7g のローテーションで釣っていきました。

使用するタックルですが、
ボトムズル引きの場合、一般的には高感度で張りが若干あるTコネクション 60L-esterなのですが、最近の私のマイブームは60ULにエステル0.3号 のセッティングです。
スプーニング用である60ULでは柔らかい気がする方も多いかと思いますが、ULはティップが柔らかいので、ズル引きした際にスプーンが跳ねにくいので、魚が追尾とバイトしやすい上に、バイトした際にはティップが入った状態になる為、アワセの間ができ、弾きにくいというメリットがあります。

もちろん、その分手元に伝わる情報は減ってしまう為、メソッドの習熟度は必要になりますが、感覚を覚えると独特の感覚がとても心地よく、楽しく釣りができます。
このセッティングは、動きの遅い魚や固まった放流魚を釣るのにも良いので是非ともお試しください。
杉山代悟プロや他のテスター陣も色々なシチュエーションを想定したセッティングを披露されていますので、色々と試していただき、自分に合ったセッティングを見つけられてはいかがでしょうか?

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ