TIMON(TROUT) TOP > STAFF BLOG > Area Field Staff > チビクワトロのリングチューニングについて

Area Field Staff

チビクワトロのリングチューニングについて

2014年08月19日

その他


皆さんこんにちは。杉山代悟です。

今回は僕がよく行っているチビクワトロのリングチューニングを少々教えしたいと思います。

まずこの4つの写真をご覧下さい。
何が違うかというとリングの大きさやリング数が違うことがわかると思います。

僕は主にこの4つのリングセッティングで使い分けをしています。

 

①テール0番リング
このセッティングはどこでも使えるオーソドックスなセッティングです。
表層バジングや中層リトリーブでもしっかりと水を噛み動いてくれます。

②テールフロント0番リングセッティング
これは僕がよく使うシュチュエーションとして、04.06の表層バジングです。
頭にリングを付けることによりよりナチュラルに、動いてくれるので虫を意識した時はこのセッティングがよく活躍します。

③テール00リングセッティング
このセッティングはテールのリングの大きさを小さくすることでよりゆっくりと、動かすことができ、
動きもウォブリングが強めになります。
マッディウォーターでスローに見てたい時なんかによく使うセッティングです。

④テールフロント00番リングセッティング
これは僕がチビクワトロを使う最終手段です。
クリアウォーター+魚が劇的に少ないようなエリアで一匹を絞り出すセッティングです。

動きは①~④の中で1番ゆっくり引けて大きめなウォブリングをします。

このような使い分けををしてチビクワトロを使い分けています。
みなさんも是非試してみてください!

 

また、ご覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが、
チビクワトロ04の使い方を動画にしてアップしました。

このようなロッド角度、リトリーブスピードで巻けば簡単に魚は釣れると思います。

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ