TIMON(TROUT) TOP > STAFF BLOG > Area Field Staff > 新製品の実釣テストへ!!

Area Field Staff

新製品の実釣テストへ!!

2014年08月11日

ルアー


こんにちは!フィールドスタッフの井上です。

TIMONから秋に新製品が続々と発売されます。

どれも自信作ばかりで、非常に楽しみですね!

今回は、その新製品のサンプルを持って裾野FPさんにお邪魔してきました。

朝イチ放流はありませんでしたが、ローライトコンディションだったので活性は高く、

ティアロ1.6gのセカンド系のカラーで気持ち良く釣れてくれました。

 

ある程度落ち着いた所で、テスト開始!

まずはチビパニクラSRが良く、水面直下をリトリーブすると良い感じで魚が反応しました。

ウエイトは軽いのですが、ナイロン3ポンドを巻いたスプーンのタックルで、

ティアロ1.6gと同等の飛距離が得られました。

その為、従来のこのサイズのクランクにありがちだった飛距離が出にくいという問題を軽減してくれますね。

 

続いて、デカミッツドライSRです。

飛距離はノーマルサイズのミッツドライSRのおよそ1.5〜2倍!

ノーマルサイズと両方使い比べてみましたが、バイトは同じくらいで、

ベリーのフックにも掛かる分、キャッチはデカミッツドライSRの方が多かったです。

もちろんルアーなので、バイトの仕方や活性にもよりますが、

利点としては竿抜けになりやすい沖にキャスト出来るのと、

2フック仕様なので、この釣りの弱点が上手く補われている印象でした。

余談ですが、沖への遠投時はロッドをアッパー気味に構え、

水面に着くラインの面積を少なくすると、

フッキングパワーのロスが少なくなるので、フッキング率が高くなるので是非お試しください。

 

そして最後は、ボトムバイブレーションです。

イメージ通りに動くかな?と思っていましたが、最初の1投目から10連チャンヒット!

ズル引きでもきっちりとバイブレーションしているので、ズル引きでも良くつれましたが、

このルアーの持つキビキビとしたアクションを利用してのメリハリのあるリフト&フォールもよかったです。

あと、着底姿勢が安定しているので、ボトムステイ時のヒットもかなり多かったです。

3時間でしたが、充実したテスト釣行でした!秋の発売までもうしばらくお待ちください!

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ