SALT WATER TOP > STAFF BLOG > 吉岡進ブログ > AMINOROX × CHARABLADE

吉岡進ブログ

AMINOROX × CHARABLADE

2016年07月08日

ロックフィッシュ


6/21日、22日と2日間

北九州、関門海峡へショアからキジハタ(アコウ)を狙って来ました!

使ったのはアミノ酸たっぷりの強烈なニオイの新集魚剤
アミノロックス配合” の新シリーズ

このパッケージを覚えてくださいねっ

そして、これから発売となるチャラブレードとも組み合わせながら。

今回は最初に関門海峡の激しい流れの洗練を受けました!
こんな中で魚食って来るの?ってくらいに流れてました(笑)

この流れを考慮した今回のタックル

ベイトタックル     ヘビークラス
ライン      PEライン0.8号~1号。
リーダー        レッドスプールレグナムの16ポンド

とりあえずシンプルなテキサスリグで、ワームはグラビーをチョイス!
激しい流れの中でも、このグラビーやバリブルシャッドは余分なパーツが付いて無い分、 
潮をキレイに受け流してくれる為、速い流れの中でも扱いやすいワームになります。

14グラムのシンカーをセットしたテキサスリグで探ると早速アタリがありましたっ

ショートバイトにも悩まされましたが、リフトしたグラビーに飛び付くようにバイトしてきた一匹。

可愛いサイズでしたが本命キジハタをキャッチです。

その後もキジハタ、マハタ、アラカブ(カサゴ)をキャッチする事に成功。
潮が緩いタイミングではアイテムをチェンジしてイカクローにも活躍してもらいました。
カラー的にはこの日、濁りを考慮した

”九州スペシャルカラー”

超ケイムラクリアーをチョイスするとこれがハマりました。
デイゲームにもクリアー系強いですね。

キジハタ連発☆

ご当地のニーズに合わせた実績カラーがラインナップされているので、チェックしてみてください。

そしてこの日最後に魅せてくれたのがチャラブレードでした。
キジハタも良く釣れていたので、
チャラブレードでサイズアップを狙う展開になりました。

チャラブレードは手返しが良いため
初めて行くポイントでも威力を発揮してくれます!

どこがどんな地形になっているか、ゴロタ石がどこに沈んでいるかを素早くサーチして1番良さそうな所を見つけ、
何度も粘り強くアプローチ☆

このアプローチも、底を取り、リーリングをしてから再び底に落とすの繰り返し。
使い方が簡単なのもチャラブレードの良いところです。

そうしていると、リーリング中に『ゴゴン!』。
ナイスサイズのキジハタをキャッチする事が出来ました☆

このチャラブレードのトレーラーにもアミノロックスシリーズのワーム達がベストマッチ☆

匂いと味も最強で、使っているうちに、これはエサ並みだなと感じる程です。
釣れた魚の口にもバックリと入ってるのが印象的でした☆

今回の模様は近々動画にもなるのでご期待ください。

そして次の日はルアーパラダイス九州さんの取材でした!
これまたバッチリ取材も大成功。

こちらの模様は是非ルアーパラダイスの誌面にてご確認いただけましたら幸いです。
お楽しみに

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ