SALT WATER TOP > STAFF BLOG > 吉岡進ブログ > アンチョビミサイルで次々と太刀魚ヒット

吉岡進ブログ

アンチョビミサイルで次々と太刀魚ヒット

2014年09月14日

タチウオ


皆さんこんにちは、吉岡進です。

今回お世話になったのは内木丸(ないきまる)さんです。

左舷にエサ釣り、右舷にルアーと言った変則スタイル。

釣り座をミヨシから2番目に構え、ジグとアンチョビミサイルを用意。

何処でもそうですが、水深、潮の速さ、乗り合った人数によって、

ジグとアンチョビミサイルの使い分けは必要です。

アンチョビミサイルは横への動きも伴うルアーですから

大人数の中で流れがきつかったりすると、オマツリしてしまう恐れがあります。

自分の場合は、頃合いを見ながら投入するようにしています。

 

さて、約1時間でポイントへ到着。水深50~60メートル。

ジグで様子を見ると、100グラムでも余裕で釣り出来ます。

こうなるとアンチョビミサイルでも問題なさそうです。

エサ釣りではポツポツとアタリ出しますが、ルアーにはイマイチ反応がありません。

魚も底付近から離れず、なかなか厳しい状況。

数名ジグで釣るも単発。となればアンチョビミサイルの出番でしょう。

ジグより重めの150gをセレクト!

シルバーのアンチョビミサイルにフロントにトリプルフックを付け、

ブレードは外した状態で使用しました。

フロントを食って来やすい太刀魚には基本このフックセッティングでOKです!

ブレードは潮が速い時や、

人数が多い時には外して使ったほうが使いやすいかと思います。

 

ジグとは違い、棚を細かくジックリ誘えるのもアンチョビミサイルの強み。

丁寧にさぐると、底から10m上付近でアンチョビミサイルを止めた瞬間に『ゴンッ!』とバイトがきました!

アンチョビミサイル一本目の太刀魚を釣りあげると、

周りの仲間も一斉にアンチョビミサイルへルアーローテーション。

さすが太刀魚好きの方達、しっかりアンチョビミサイル持ってます!

 

もアンチョビミサイルで次々と太刀魚がヒット!

終了5分前には仲間に指五本のナイスサイズ!

こうした大物が狙えるのもアンチョビミサイルの良い所ですね。

是非皆さんもアンチョビミサイル、

太刀魚釣りの戦略に加えてみてはいかがでしょうか?

きっとハマる事間違い無しです!

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ