SALT WATER TOP > STAFF BLOG > 吉岡進ブログ > 秘密兵器…アンチョビミサイルでタチウオ大爆釣!!

吉岡進ブログ

秘密兵器…アンチョビミサイルでタチウオ大爆釣!!

2013年09月20日

その他


皆さん、先日釣りビジョンで放映されたBinBinソルトはご覧になって頂けましたでしょうか?

 

今回のターゲットはタチウオ!

静岡県焼津、駿河湾で行われたロケでしたが、終わってみれば大大大爆釣となりました!

今回の注目は、なんと言ってもこの大爆釣を産み出した秘密兵器…

その名も…

『アンチョビミサイル』!

このルアー無しではこの釣果は望めなかったでしょう。

 

他船は苦戦する中、アンチョビミサイルを使った我々は、苦戦どころか入れ食い状態。

食い渋りを感じる事なく、え?今日厳しかったの?と言う感じでした。

 

このアンチョビミサイルの特徴は、関西で盛んなタチウオテンヤがモデルとなっており、

一見ダート系の一種のように見えますが、

使ってみるとその考えは全く違ったものでした。

ここからは自分が感じたアンチョビミサイルの印象を書いて行きたいと思います。

まず、ジグでもダート系でも無い新しいジャンルのルアーだと言うことです。

最初、見た目は大きなダート系ルアーの印象を受けました。

 

しかし、使ってみると単にダートさせるイメージだと、なかなか食わない。

タチウオのタナに入ると、アタリは有るもののなかなかフッキングしないと言った感じでした。

(ルアーにかみつく本アタリの前に、激しく突進する前アタリが起こっていたのかも知れません。)

いろんな動かし方が出来るルアーだけに、

その日に合った動かし方をしないとそれだけで釣果の差が出る。

ハッキリ言って”面白い”!

 

この日は、最後の最後で実はパターンを掴み、連発したのですが、

それは強くしゃくると言うより、ユックリ優しくしゃくり、

竿を下げる間に巻き取るラインを張りながらのフォール、

これを繰り返して行くと、タナに入るとドーンとタチウオが乗って来ると言った感じでした。

やはり餌的な使い方に近かったのでは無いかと思います。

まだまだ未知数のルアーでは有りますが、

その日に合った正解を見つけ出すと恐ろしく驚異的なルアーになる事でしょう。

 

ゆったりとしたしゃくりが良い時、ただ巻きが良い時、ステイが良い時、

あるいはブレードを付けた方が良い時や付けない方が良い時、

そしてこれからもっと様々な使い方が見いだされていくはずです。

 

魚のサイズを選んで釣れる所も魅力ですね!

水平姿勢のもたらす力、発売が待ち遠しいです!!

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ