SALT WATER TOP > STAFF BLOG > 嶋田仁正ブログ > サヨリパターンのドリフトゲーム

嶋田仁正ブログ

サヨリパターンのドリフトゲーム

2016年11月12日

ルアー


皆さんこんにちは、嶋田仁正です。

秋のメインパターンは数あれど、以外に難しいベイトの代表格である「サヨリ」。
狭い湾内や河口のシャロー場などに溜まり、シーバスが盛んにボイルを繰り返す光景は圧巻ではありますが・・。
ボイルの数の割には釣れ難い・・という印象かと思います。サヨリでボイルしているのに難しい・・という場合は概ね以下のシチュエーションです。

①流れが緩い場所
②水深が浅い場所・・。

どんなベイトでも難しい条件ですが、ことサヨリとなると特に難しくなります。
更に言えばスリムで長いサヨリは捕食が難しく、ボイルの割に釣れないのは圧倒的にシーバス自体の数が少ない・・という理由もあると思います。
つまり食べれないから何度も同じ魚がボイルする訳です。
さて・・そんな難しいサヨリパターンも、河川内のような流れがある場所では水深に関わらず「何とかなる」ポイント。

早速山陰の河川へ釣行してきました。
使用するルアーは勿論!ラダミノー

ボイルしたやや上流側へキャスト!
少し潜らせた状態からドリフト開始。

どんぶらこ・・と水平姿勢を維持しながら流していくと・・一気に走るライン!
目で見て確実に合わせられます。
激しいエラ洗いで上がってきたのは90cmに少し届かないサイズ。
その後80cmクラスを1本、70cmクラスを3本追加出来ました!

その数時間後・・ほぼ徹夜での中海ボートシーバスゲームへ。
ちょっと荒れ気味な海でしたが、ここではビッグバッカー80が大活躍!

昼も夜も大忙しの秋。
眠れぬ日々が続きそうですね!

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ