SALT WATER TOP > STAFF BLOG > 嶋田仁正ブログ > ラダミノーで爆釣!

嶋田仁正ブログ

ラダミノーで爆釣!

2016年06月06日

ルアー


皆さんこんにちは、嶋田仁正です。

関東で抜群の実績を誇るランカー河川である「利根川」へ初釣行してきました。
例年に比べ、早い時期に良い群れが通ったらしく、
釣行前は「残念ながら釣れないかも・・?」という話でしたが、
蓋を開けたら凄まじい釣果だったという訳です。

その原動力になったのが「ラダミノー」と「ビッグバッカー」の2種。
この2つのルアーで利根川シーバスをガッツリと攻略してきました。

ラダミノーは流れに「乗せる」事が出来る「ドリフトゲーム」に、
必要不可欠な要素に特化したミノーです。それが「サスペンド」系である点。
塩分濃度によっては多少の変動はありますが、
確実に「水を噛む」事が出来、表層直下を「漂うに」流れへ「乗せる」事が出来ます。
多くのアングラーが並ぶ中、フローティングでもなく・・シンキングでもない。

これが強烈な流れが発生しているのならば、
どちらのタイプでも一定の距離は漂わせる事が可能ですが、さほどの流れでもなく、
多くのアングラーとポイントをシェアした場合、
ルアーの持つ性能の高さが物を言う訳です。

この日はアベレージが70cm程という関東とは思えない大きさ。

その中でコンスタントに80クラスをラダミノーはキャッチし、
かつ取材中に宣言通りに狙って92cmをキャッチ!
流れのアウトレンジを沿うように「漂わせた」結果です。

 

デイゲームはバイブが主力

明るい時間帯はシーバスの捕食活性も低く、
流れが出ていても出ていなくてもバイブの出番が多くなっていきます。
勿論ミノー類でも釣れるんですが、その確率は圧倒的な差。
そんな中浅い河川でも手返しの良い鉄板系バイブは強いアイテム。

この日はビッグバッカー80で多くの80前後をキャッチしました。

関東でその地位を確固たるものしたビッグバッカーシリーズ。
ラダミノーと共に多くの釣果を約束してくれる事でしょう!

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ