SALT WATER TOP > STAFF BLOG > 嶋田仁正ブログ > 2015年最後の沖堤釣行

嶋田仁正ブログ

2015年最後の沖堤釣行

2015年12月14日

ルアー


皆さんこんにちは、嶋田仁正です。

2015年最後の沖堤釣行へ行ってきました。渡ったのは木更津沖堤防。
ここ最近、カタクチイワシが接岸し、湧いたエリアでもあります。
釣れるサイズは40〜60cm程ですが、数はひと船百数十匹と爆発。
イワシ付きゲームを楽しんでいます。そのおこぼれを拾いに沖堤へ・・という訳です。
一時的に離れていたイワシが、少し帰ってきた・・という情報。
意気揚々と渡ってみた・・という訳。しかし・・当日は十数メートルの北風。
う〜む・・これは・・明らかに・・厳しいと思います(笑)

 

とりあえず投げてみないと・・という事で、
まずはイワシをサーチする為に、ビッグバッカー80をキャスト。
ラインを張り気味にしてフォールさせ、ルアーもしくはラインにイワシを当てる作業を・・。
するとある一角にだけ濃いイワシの反応!
しっかりとボトムを取り、スロー気味でリトリーブすると・・
「ゴンッ!」ナイスバイトで上がったのはプリップリの70cm!


上がってからわずか2投目(笑) 周囲のアングラーはまだ準備段階。

幸先良いスタートに気を良くし、更に探っていると・・
またもや「ゴチンッ!」今度は60cmほどとサイズダウンしたが、これのプリプリ。


良い感じ~!
調子良く釣れてはきたが、こうなると他も気になる。

 

ポイントを譲り、歩いて歩いて歩く (笑)
堤防の端から端まで歩き、今度は新発売の “デラクーSW.ver” の1/2ozでスローに探っていくと・・


可愛いセイゴを追加。ソルトルアーでは珍しいコロラドブレード。
流れがあまり出ないポイントでもレスポンスの良さで適応です!

 

デイゲームを楽しんだ後はナイトゲームで干潟へウェーディング。
シャロー場のシーバスもかなり減ってはいますが、ラダミノーでゴチン!


アマモが少ないエリアのシーバスはややレンジが下気味。


水温低下でやや動きが鈍ったシャロー場のシーバス。
動き過ぎないラダミノーは効果的です!

 

東京湾のいよいよ終盤戦。
今年はスタートが遅れた事もあり、例年なら終わっているエリアもまだ魚が出ています!
師走で忙しいですが、2015年の締めくくりに是非釣行してみて下さい!

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ