SALT WATER TOP > STAFF BLOG > 中島成典ブログ > 広島×テキサステンヤ

中島成典ブログ

広島×テキサステンヤ

2016年08月25日

レポート


先日、レジャーフィッシングさんの取材で、久々に広島 呉の愛裕南丸(あゆみ)さんへ行ってきました。

呉の吉浦港から出船されている愛裕南丸さんは、ヒトツテンヤやタイラバに精通されている遊漁船。
ナカジーも以前ビンビンソルトでお世話になったんですが、それ以降なかなかタイミングが合わず・・・・
今回久々に行ってきました。

当日はみなさん、ヒトツテンヤ&タイラバでしたが、ナカジーは話題のニューアイテム『テキサステンヤ』に、いよいよ発売となった青帝プライザのベイトテンヤモデル『STPC-230MH-ST』で挑んできました。

この日は大潮ってことで全体的に潮が速く、更に狙いの水深も80mと深かったため、重いウエイトの無いヒトツテンヤにはなかなか厳しく、また同船者さん達のタイラバには反応が悪かったんですが、ニューアイテムのテキサステンヤなら130gまでラインナップされてるんで、重めのテンヤのイメージで狙ってきました。

そして今回はテキサステンヤ80gをセット。
少し潮に流して斜め引きで、ボートプレッシャーが少なくなるくらいのところまで流してリフト&フォール。
この日はマダイがボトム中心に捕食していたのもあって、ボトム付近でのリフト&フォールが反応良かったです。

しまなみ海道ならではの、早い潮流と複雑な地形変化に悩まされましたが、ボトム感知はもちろん、操作性の良いベイトテンヤスペシャルのおかげで良型のマダイをキャッチ!
ちなみに今回の模様はレジャーフィッシングさんで掲載されるんであまり詳しくは書けませんが、なかなかええ感じで釣れましたよ。

ヒトツテンヤ&タイラバの良いとこ取りな”テキサステンヤ”!
ヒトツテンヤが盛んなしまなみ海道では、今までヒトツテンヤは15号までしかラインナップされてなかったんですが、テキサステンヤの登場により、130gと重いところまで使えるんで、そらに攻略の幅が広がりますね〜

是非みなさんもテキサステンヤ使ってみてくださいね!

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ