SALT WATER TOP > STAFF BLOG > 中島成典ブログ > ナカジーオススメ!!真冬のチヌゲーム

中島成典ブログ

ナカジーオススメ!!真冬のチヌゲーム

2013年02月21日

その他


今回BinBinレポートは、

ナカジーが毎冬の楽しみにしている、大阪湾の越冬チヌゲームを御紹介♪

 

工業地帯の多い大阪湾の神戸や堺周辺は、

温かい工業排水が豊富で、低水温なこの時期、越冬でチヌが港湾部に寄ってきます。
この越冬チヌを狙うゲームが近年熱く、ナカジーもハマってるんです♪

チヌと言ってもターゲットとなる種類は“キビレ”。

クロダイ(マチヌ)に比べ、低水温でも比較的元気な習性の様です。

 
基本的な狙い方はシンプル、

ベビードラゴン、ウェーバーシュリンプ、カバークローと三種類のワームを

ジグヘッドリグで使用。

潮位・潮流・ベイトの種類や大きさで,

ワームとジグヘッドのウエイトをアジャストして狙っていきます。

 

 

このジグヘッドと言うのがキモで、

 

バイトが極端に浅くなる事があるこの冬場の釣りでは、

シンカーに針が直接繋がっているジグヘッドがとっても有効です。

 
次にアクション。

基本はボトムを感じながらのリトリーブ、

夏場よりスローめに、しっかりボトムを感じとれるウエイトのジグヘッドをチョイスしてください。

大阪湾を例にとると、

ナカジーは基本2.5gで、そこから引っかかりが強すぎると1.8g、

ボトムを感じとれなければ3.5gと変えていきます。

チヌにスイッチを入れる為、ボトムをきっちりとゴリゴリ擦れるウェイトがキモだったりもします。

 

 

ワームのセレクトですが、

チヌは警戒心が強い魚なんですが、それにも増して好奇心も強い魚!
とにかくポイントへ入った瞬間は、

比較的アクティブにアタックしてくることが多く、

まずは水をしっかり掴んでアピール力高いベビードラゴンがオススメ!


活性の高いチヌをパイロットルアー的に狙います。
これで反応が悪かったり、スレてくれば、

水を受け流してナチュラルにユラユラとアピールするウェーバーシュリンプの出番!
水を掴まず、アピール力が低い分、

低活性やスレたチヌに効果的!
あまり動かし過ぎずステイの時間を長くして、誘うのも有効。

 

カバークローは、

ショートバイトや、ベイト&チヌのサイズが小さい時、

それと空気抵抗が少ないので強風時でも飛距離が出て操作性を良いですね。

 

先日も、釣行してきましたが、

最初はベビードラゴンで活性の高いチヌを狙って、

ウェーバーシュリンプ、カバークローとローテーションすることで

40upも含めてナイスサイズをキャッチすることができました。

数を伸ばす為に、アクションを変えるコツがありますので、

続けて次回レポートしたいと思います!!

お楽しみにっ

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ