SALT WATER TOP > STAFF BLOG > 中島成典ブログ > 桂浜沖 ヒトツテンヤへ‼

中島成典ブログ

桂浜沖 ヒトツテンヤへ‼

2014年12月12日

その他


皆さんこんにちは、中島成典です。

先日、高知のロマン号さんでお世話になって桂浜沖でヒトツテンヤをやってきました!
ヒトツテンヤと言えば、関東が有名ですが、ここ高知も盛んなエリアです。

実はナカジーも今夏に今井釣具&つり具の岡林さん共催の”T-1バトル”と言う、
ヒトツテンヤの大会にゲスト参加したときに、
初めて高知のヒトツテンヤにチャレンジしたのですが、そのポテンシャルにビックリ!
マダイはもちろん、チダイにコロダイ、オオモンハタなど、多種多彩なターゲット達が船上を賑わせてくれました。

高知ヒトツテンヤの特徴として、地形的にヒトツテンヤ発祥の地、
外房に似ていて、広大な遠浅で所々に、根がある感じです。
基本パラシュートアンカー流しで、広い範囲を探りですが、
水深変化も少なく、そして比較的重いテンヤでリアクション的に狙うのが有効なので、
この釣りでキーとなる、底取りが簡単、なので初心者でも釣りやすいエリアです。

あと、釣り場が比較的、港から近く、
南からのウネリ以外は波も穏やかなのも特徴。

何より嬉しいのがテンヤに付けるエビですが、高知では基本活きエビが使えます!
これは、かなり素敵で冷凍エビだと、特に頭部分がもろく、すぐに外れてしまいますが、
活きエビの場合、頭部分もしっかりしているのでエサ持ちが良く、
その分しっかりと食い込ます事ができ、使い勝手が良いんです。

 

そんな高知ヒトツテンヤ釣行でしたが、今釣行はあいにく、

冬型の気圧配置バリバリの日に当たってしまい、強烈な北西風が・・・

 

でも桂浜沖は前述したように地形的に北西風を遮るので、
風は強いものの波はまだマシだったので、なんとか出船!
港を出て、ものの数分で狙いのポイントに。

水深は約30m、潮はそれ程流れてなくて、まずは5号のビンビンテンヤから使用。
ロッドは鯛夢245Mを使用。
でも5号でしっかり底取りはできますが、

風が強く軽いテンヤ&ライトなロッドではティップが風に煽られて微妙なバイトがわかりにくい状態・・・

そこでビンビンテンヤを8号と重くして、鯛夢も245Hにチェンジ!

こうすることで、重いテンヤ&よりシャープなロッドの組み合わせになり、
強風でもティップが暴れにくく、些細なバイトもしっかりティップに出るので、より釣りやすくなりました。

本来、ヒトツテンヤは底取り可能な、
一番軽いテンヤに繊細なロッドの方が、より多彩なバイトが出るので、
釣果アップにつながりますが今回のように強風時は、
ある程度重さのあるテンヤ&パワーのあるシャープなロッドを組み合わせることで、釣りやすくなるんです。

 

タックルチェンジしてからは、600~800gくらいの食べ頃サイズなマダイをポツポツとキャッチ!

他にも良型のコロダイやヘダイなど、たくさん釣れました。
この日は、大きくリフトしてからのフリーフォール、そしてロングステイが良かったです。

 

ラストはナカジーにデカイサイズがきましたが、残念ながら根に擦られてラインブレイク(泣)

バイトからファイトの一部始終を見ていた、今回お世話になった守谷船長いわく”大鯛!”このことだったので、悔やまれます・・・

次回はリベンジして高知の大鯛をキャッチしたいと思います!

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ