SALT WATER TOP > FIELD REPORT > 東京湾タイラバ

FIELD REPORT

NEW東京湾タイラバ

2017年05月10日

鯛カブラ


皆さんこんにちわ、アングラーズアイドルのBunです。
ここ最近、東京湾でのタイラバが熱い!!!とのことで、私も行ってきました。

お世話になったのはルアーガイド船のんちゃん丸。
明るくてタイラバ大好きな女性の中乗りさんも乗っていることもあり、釣果写真を見ても女性の乗船率が高いです。

乗船料は\11,000。
乗船時間は6時~13時。
※釣果や潮の状況でスタートや終わりの時間が多少前後します。

のんちゃん丸では糸の号数・タイラバの重さを指定してくれますので、それに合わせて持っていきましょう!
今回は水深50m付近からスタートしたので、タイラバは100gを使用しました。
以前、仲間内でタイラバをしに行った際に「ここ最近、スカートは外して、ネクタイのみのシンプルな方がよく釣れる時があるんだよ」というのを聞いたことがあったので、爆流ビンビン玉スライドで使用しているラバーセットからスカートを抜いてセッティング。

バックファイヤーキャップを抜き上げ、輪っかになっている部分に必要なパーツを通したり引き抜いたりして、またキャップを戻します。
※鯛節や鯛カーリーなどのワームをここに通す場合・ラバーの量が多い場合はバックファイヤーキャップMサイズだとサイズが小さくてきちんと止められない恐れがあるので、別売りのLサイズを使ってみて下さい。

ヘッドは東京湾で人気のグリーン系のラメグリキン。
潮止まりということもあって、使用したのは波動が出やすい爆流ビンビン玉スライドです。
ネクタイも濃く見えるようにギラギラオレンジとレッドゴールドの2枚のみでセッティング。
※GW前に発売したビンビン玉スライド・鉛式ビンビン玉スライド・爆流ビンビン玉スライドのNEWモデルの『Wアピール』はそんな流行りをいち早く取り入れたネクタイ二枚のシンプル仕様となっています。
外房でのタイラバでも真逆なこのタイプを使用して釣果を上げられるので、どのエリアでも試してみてくださいね。

1か所のポイントで釣りをして、潮で流れてしまったらまた同じポイントに船を着けて…というのを何度か繰り返すんですが、3回目の流しでグググッと真下に突っ込んでくるアタリが!!!!

1kgクラスの真鯛でもパワーがあるのでそれ以上のサイズとやり取りしている感覚に陥ります。

タイラバはアタリがあっても即合わせをしないのが基本の釣り方。
誘っている時と同じスピードで巻き上げますが、ラインが緩まないように気を付けて!
真鯛の口は堅いので、針が貫通していない状況でラインが緩むとバレてしまいますからね。

その後、水深80mのポイントで中乗りさんがヘッドとラバーセットがピンク色のもので真鯛をゲット!
周りで釣れた状況に合わせて手持ちのアイテムをチェンジさせます。

しっかり潮の流れが出ていたので、ヘッドはシンプルな鉛式ビンビン玉スライドに変更。
ヘッドのカラーはピンクゴールド、ラバーは最初から出来上がっているラバーセットのオキアミピンクにチェンジ。
ヘッドでの波動は抑えめにし、ラバーのヒラヒラアピールだけ出したかったのでファサっとしているラバーセットをチョイスしました。

タッチ&ゴーを心がけていると…クンッ ゴゴゴンッ!!!
心臓がドキドキするほど味わったことがない重量感を得ながら巻き上げると…

自己記録更新の2.38kg!!!
あぁ、とっても嬉しかった(涙)

・・・と余韻に浸って釣り続けていると、

同じセッティングで更に記録更新となる3kgの真鯛をゲットすることが出来ました。

サイズが上がるにつれて、釣り上げるのに時間がかかることもあります。
真鯛が走ることもあるので、隣の方が釣っているようであればタイラバが絡まないよう気を付けてくださいね。

東京湾では最近ピンク・グリーン系がヒットカラーになっているようです。
定番のレッドゴールド・オレンジゴールドだけでなく、違ったカラーをボックス

ゲストにはホウボウやタチウオなんかも釣れる東京湾。
ぜひみなさんも釣りのしやすいこれからの季節にチャレンジしてみてはいかがですか?

ぶーーん٩( ‘ω’ )o/ ̄ ̄~ (ω・ミэ )Э

ロッド:ビンビンスティックVCM610L
タイラバ:鉛式ビンビン玉スライド100g、爆流ビンビン玉スライド100g

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ