SALT WATER TOP > FIELD REPORT > ラスパティーンでボートメバルゲーム

FIELD REPORT

NEWラスパティーンでボートメバルゲーム

2017年05月08日

ロックフィッシュ


宮城県の山戸田です。
今回は春先から楽しめる仙台湾ボートメバルゲームを紹介致します。

仙台湾のメバルゲームは主にサビキが主流ですが、魚探の反応を頼りにジグでテンポ良く拾っていくのも好釣果につながります。
アイテムは、ラスパティーン40gを使用。
ツインフックが標準装備も嬉しい限りです♪

水深40mの魚礁や根周りに現れる反応を頼りにリフト&フォールで狙います。
まさにシューティングゲームです。

今の時期のベイトフィッシュはシラウオやエビのため、シルエットが小さなものが有効です。
しかし、潮が早い時などシルエットが小さく軽量なものだと、魚探反応を確認してからジグを投入し、魚のレンジまで沈めるのに時間が掛かってしまい、沈んだころにはポイントを通り過ぎてしまうことも。
ジグを重くしてフォールスピードを上げると、ジグのサイズが大きくなって魚の反応が得られない、、、。

これまではそういったジレンマがあったのですが、タングステン素材のラスパティーンはシルエットが小さくても比重が大きい為、フォールスピードも早く、この釣りには打ってつけ!
もうすぐ更に重い60g・80gも追加でラインナップされるので、何かと重宝しそうです。

これからも楽しめる仙台湾ボートメバルゲーム、是非遊びにいらして下さい。

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ