SALT WATER TOP > FIELD REPORT > 宇和海鯛ラバ釣行

FIELD REPORT

NEW宇和海鯛ラバ釣行

2017年04月28日

鯛カブラ


皆さん、こんにちは!
四国フィールドスタッフの高田英和です。
先日、宇和海に行ってきました。

鯛ラバでは初挑戦なんですが、宇和海側は瀬戸内側より海水温が高く、魚種も豊富なエリアです。
この日のポイントは、水深50m~90mの砂地。
一流し目から友人達のロッドが曲がり、上々のスタート!
2流し目も好反応で、ほぼ全員が鯛をキャッチ。

そんな中、一番潮下のポジションになる自分には1バイトのみ(笑)
キャスティングに切り替えトレースラインを変えるも、水深が深いうえにラインが船下に入り過ぎるので早々に断念。
バーチカルに戻し、爆流鉛式ビンビン玉スライド160gを投入。

ウェイトアップでトレースラインに変化を

底取りするだけなら100gもあれば十分なのですが、トレースラインを変える為にウエイトを2サイズ重くし、カラーもアピール力の強いホットチャートイカグローに鯛コームグローグリーンをプラスし、更にアピール力UP。
敢えてウエイトを上げる事で船下に入り過ぎるのを抑え、ボトムタッチ回数を増やしトレースラインを同船者と変えてやると思惑通りに1匹!

同様の流し方をすると、更にもう1匹追加!

何とか、不利な状況を打破する事ができました。
今回、ロッドはBSC-72MH-VCMを使用しましたが、ヘビーウエイトの爆流でも安定したリトリーブができ、着底感度も抜群でした。
パワーもあるので、不意の大物にも負けないロッドだと思います。
釣果ですが、船中では72センチの大鯛も揚がり、他にもマハタ、アヤメカサゴ、エソ、サメと魚種の豊富さを感じさせてくれました。
お世話になった、こんぴら丸濱船長、友人の皆様、ありがとうございました。

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ