SALT WATER TOP > FIELD REPORT > 亜衣が愛する『チャート』&『グリーン』

FIELD REPORT

NEW亜衣が愛する『チャート』&『グリーン』

2017年04月29日

鯛カブラ


激流ぅー、爆流ぅぅぅううう♪
鯛ラバ大好き、田中亜衣ですっ。

すっかり春になりましたねぇ
てか、春を通り越して初夏って感じで沖に出てもアウター要らずなゴールデンウィーク直前
皆さま、釣りに出かけてますか?

アタシはというと、今年に入ってから九州をはじめとする外海エリアでのテストが多くなりホームでの鯛ラバゲームから少し離れていましたが、ここ1カ月の間はコンスタントにホームの紀淡海峡の海を楽しんでます♪

ホームでは、プリスポーンからポストスポーンに徐々にパターンが移行し少し前まで浮いていたメスもボトム付近でバイトしてくるようになりました。
まだまだ浮いている反応もありますが、それは狙わずにボトム付近を丹念にリトリーブすることにより確実に釣果を上げてます。

とは言うものの、スポーン絡みの真鯛は活性の高低が激しく気難しい
狙うレンジが定まっても普通に釣ってるだけじゃ良い釣りをするのは簡単じゃありません。
そのような中でアタシのイチオシは、発売されたばかりのビンビン玉Wアピール  

皆様はもう手に取って頂けたかな?

ネクタイが2枚(2色)のWアピール

二枚のネクタイがもたらすカラーの明滅が本来の動き以上にネクタイの動きを複雑に見せ真鯛を視覚的にアピールしバイトを誘発してくれます。
てかね、もう何年も前からアタシの中ではスタンダードなんでなくてはならない「技」なんですよ。

 

亜衣ちゃんアドバイス

それと、紀淡海峡をはじめとする瀬戸内エリアに釣行される人にちょっとした秘密というかアドバイスを…

水深30メートル前後の砂底を攻める時のとっておきのアイテムを2つ

1つ目は、ヘッドカラー


10年以上前、まだ鯛ラバがそんなに知られていない時、アタシは自作の鯛ラバを使って鯛ラバゲームを楽しんでいたのですが、そのころ砂地のシャローで圧倒的に強かったのがチャートのヘッド。
今回のWアピールシリーズにも採用された『キャンディチャート』ってカラーで、天気の良い日、シャローの砂地は他の同じ水深の場所より太陽光をボトムが反射して暗い色のヘッドやネクタイは目立ち過ぎになります。
だけど意外とチャートなどの蛍光色は太陽光の反射のおかげで馴染むカラーになっているのです。
もちろん、当時のアタシには何でチャートのヘッドが他の色より釣れるかなんて分からなかったけど、今では鉄板カラーになってます。

2つ目は、トレーラー
ズバリ言うと、ビンビンワームトレーラーの『グローグリーン』

 
ビンビンワームのチョン掛けトレーラーは2種類、その鯛ペケと鯛コームの違いは何といっても「動き」
速いスピードでリーリングするときは鯛ペケ
遅いスピードでリーリングするときは鯛コーム
と、その形状から基本的にはこれで良いのですが、ずっと使っていて経験を重ねるとこの2つのトレーラーにはもっとわかりやすい棲み分けみたいなものがあるんです。
鯛ペケは水深40メートルまでのエリアで鯛コームはそれ以上にディープなエリアで結果が出ています。
まだまだハッキリとした理由はわからないのですけどね、なんかもう少しでピントが合いそうな感じ…

と、まぁ
ホームの紀淡海峡の近況を話しましたが瀬戸内全般では同じような動きじゃないかな?
内海のスポーン絡み…
ちょっぴり難しいけど攻略しがいのあるシーズン。
今週末リリースされるビンビン玉Wアピールで良い釣りしてはいかがですか。

それでは皆さま
良い釣りを♪

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ