SALT WATER TOP > FIELD REPORT > アコウ狙いにラスパティーンが活躍!!

FIELD REPORT

NEWアコウ狙いにラスパティーンが活躍!!

2017年04月17日

レポート


広島の池田です。
テレビ新広島の釣りごろ釣られごろの収録に参加してきました。
http://www.tss-tv.co.jp/

テーマは、アコラバ。
鯛ラバなどのライトタックルで釣るアコウ(キジハタ)ゲームです。

瀬戸内海では言わずと知れた高級魚。
アコウは人気上昇中のターゲットです。

インチクと鯛ラバを使い実釣。
僕は、ビンビンインチク、ビンビン玉、テキサステンヤなどをローテーションして釣り始めましたが、これがなかなか苦戦。

そこで、閃いたのがマイクロジギング!

鯛、ハマチ,根魚、メバル釣りに行くときは、いつもタックルボックスに忍ばせているラスパティーンのボックスから40グラムのアカキンをセット。

アクションは、基本アコウなので、底取りをしっかりして、ワンストロークのリフト&フォールでたまに小刻みにアクションを付けてリフトして、フォールという釣り方です。

そこから尺メバル、アコウ、更に40オーバーのソイまで釣れ、インチクにも負けない釣果となりました。

水深は40メートルから60メートルとやや深めでしたが、タングステンの小型ボディなのでしっかり底取りができ、
イカナゴやイワシをベイトにしているときは、最強のアイテムです。

番組の解説にも参加させていただく予定ですので、放映をお楽しみに。

ロッド  ビンビンスティックHS BSS-HS-610ML-ST
ライン  PE0.6号
リーダー 10lb
ルアー  ラスパティ-ン 40gアカキン

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ