SALT WATER TOP > FIELD REPORT > アンチョビドラゴンテンヤでF8ドラゴン出現!

FIELD REPORT

アンチョビドラゴンテンヤでF8ドラゴン出現!

2017年03月08日

タチウオ


皆さん、こんにちは!
四国フィールドスタッフの高田英和です。

サンマリンフィッシングサービス様にお世話になり、シーズンラストのタチウオに行ってきました。
状況的には渋いらしく数は望めないとの事だったので、アンチョビドラゴンテンヤで一発大物狙い!

ポイントの水深は120m~150mと深く、手返しを考慮して50号(190g)からスタート。
ボトムを取り、反応のあるレンジまでスローリトリーブ。
反応のあるレンジから10m程上で、下から小突くような小さなバイト。
喰い込ませるためにシェイクを入れるとロッドティップが入り、ここで空かさずフッキング!
あがってきたのは、良いサイズのタチウオ。

同様のパターンで誘うと再びバイト。
フッキングすると明らかに先程のサイズとは違う重量感!
慎重にやり取りし、揚がってきたのはナイスサイズのクログチ!笑

外道には好かれるものの、
状況は厳しく、釣れるサイズも今ひとつ。
そんな中、テンヤ初挑戦の高橋さんがアンチョビドラゴンテンヤ(漁師レッド)で、何とF8サイズのドラゴンをGet!

まさとさんも、アンチョビドラゴンテンヤ(漁師レッド)ドラゴンGetと、渋い状況の中アンチョビドラゴンテンヤのポテンシャルを引き出してくれました。

シーズン当初から、ヘッドカラーの検証をしてきましたが、食い渋りのような状況では、漁師レッド、ドラゴンパープルといったカラーが効果的でした。
まだまだ検証したい事もありますが、とりあえず今回でタチウオは終了し、鯛ラバにシフトしたいと思います。
お世話になった
サンマリンフィッシングサービス川端船長、友人の皆様、ありがとうございました。

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ