SALT WATER TOP > FIELD REPORT > 田中亜衣イチオシNEWアイテム

FIELD REPORT

田中亜衣イチオシNEWアイテム

2017年01月30日

鯛カブラ


激流ぅー、爆流ぅぅぅううう♪
鯛ラバ大好き、田中亜衣ですっ。

フィッシングショー大阪直前っ!
今年もニューアイテムでいっぱいのジャッカルソルト。

何から紹介しようか迷うほど…

でもね、実は私のリクエストで作ってもらった前から喉から手が出るほど欲しかったものが登場するんです。

超玄人鯛ラバアングラーのためのスペシャルなアイテムですよ。

鯛ラバの中でも、
密かなブームである「ディープドテラ」ってスタイル。
100メートルを越すような深いポイントをドテラ流しというアプローチで真鯛を狙うアレです。

そんなディープドテラ、
最近では各船長さん達がポイントをさらに開拓し「もっと先のよりディープへ」
そしてその先にいる「BIG REDを・・・」って進化が進んでいます。

そんな特殊な状況で鯛ラバゲームをしていると
今までの既存のタックルやアイテムではどうしても無理が出てきてしまい、
真鯛に対してスムースなアプローチが難しい状況でした。

中でも「ヘッド」が問題で、
ディープドテラに対応するためのものが必要なんです。

・200メートル以上、ラインを出しても着底感のわかりやすいもの。
・ドテラという天候によってはかなり過酷な状況でもリーリング時にストレスを感じさせないもの。
・強い負荷がかかってもラバーの動きを保ち続けるもの。

そんなことで今回登場するのが
「ビンビン玉スライド150g」

ただ重いだけのヘッドじゃ、ダメなんです。
いやー、ほんと欲しくて欲しくて夢に出るほどだったこのヘッド。
やっと皆さんに見て貰えることとなりました♪

カラーもね、今までのビンビン玉シリーズのものに加えて、
ディープドテラで威力を発揮する「ディープ攻略専用」のカラーを追加。
もうね、これは鬼に金棒♪
あと、爆流にもこのカラーが展開されますよ。

これで今まで届かなかったポイントにいるBIG REDを狙い撃ちだねっ♪

それとね、そんなワクワクするヘッドの力を100%発揮できるのが…
ニューロッドの「ビンビンスティックVCMシリーズ」

従来のVCMの良さはそのまま
ティップからベリー、そしてバットまでがスムーズにパワーを分散し、淀みのない弧を描くロッド。

波の荒い釣行でも真鯛に違和感を与えることなくルアーを安定したスピードでのリトリーブが可能になり、
またファイト中の身切れのというディープドテラ特有のトラブルも軽減されました。
さらに、その柔らかさから想像できなバットパワーは先日のテストでのBIG REDやブリはもちろん13キロのクロマグロまでキャッチしたことで実証済み。

柔軟性と剛性、二つの相反する力のバランスを考えたロッド。これが新しい「VCMシリーズ」なのです。
高感度でシャキッとしている「HSシリーズ」との使い分けがより明確になるので、両方チェックしてくださいね。

最後にもうひとつ、ビンビンワームトレーラー。

こちらもディープドテラでは欠かせないアイテムになっておりますが、今回新たに2色の追加です。

知ってる方も多いと思いますが、ディープドテラでアタシがオススメしてきたのがチョン掛けトレーラーの鯛ペケと鯛コーム。
中でも鯛コームのブラック、通称「アリンコ」はディープにおける視認性を利用してバイトマーカーの役割をし、
バーチカルでの誘いのようにバイトからフックアップまでの一連の動作がスムーズにいかないドテラでも確実なフックアップをもたらすアイテムなのです。
そんなカラーのブラックと対称的な「グロー(夜光)」が今回のニューカラーを試作してもらってます。

ルアーに近づいてきた真鯛にフックを食わせるブラック。
ルアーに興味を示さない真鯛のスイッチを入れるグロー。
これからのディープエリアはこの二つの使い分けが必要になると思うのです。

以上のアイテムがこれからのディープドテラの最前線になること間違えなしっ!

今週末のフィッシングショーでこれらのアイテムとともに、
私、亜衣ちゃんもインテックス大阪・ジャッカルブースでお待ちしておりますので気軽に声をかけてくださいね♪

ではでは、皆さま
お待ちしております。

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ