SALT WATER TOP > FIELD REPORT > 愛媛 年末タチゲーム

FIELD REPORT

愛媛 年末タチゲーム

2017年01月17日

タチウオ


新年、あけましておめでとうございます!
四国フィールドスタッフの高田英和です。
皆さん、本年も宜しくお願い致します。

さて、今回は年末に行ったサーベリングのレポートです。
前回とエリアが違うものの、テンヤが依然好調のようで、今回もアンチョビドラゴンテンヤとアンチョビジグ(アンチョビシリーズ)を状況に応じて使い分けてきました。
前半に入ったポイントではテンヤに反応が良く、ジグには厳しい状況。
水深は60m~100m程なので、手返し重視でアンチョビドラゴンテンヤ50号からスタート。
ジグに反応の悪い時はタチウオの活性が低い事が多く、アクションはさせずスローリトリーブ。
すると、幸先良くF4クラスがHit。

このパターンで数本追加したものの、サイズが小さく、転流のタイミングでポイント移動。
このポイントは水深100m前後で、テンヤにも、ジグにも反応が良く、ジグオンリーの友人達も次々にHit。
数よりサイズが欲しかったので、サイズ狙いでアンチョビミサイルを投入すると、早々にF5サイズがHit。

釣れるサイズも、ジグより大きく、狙い通りな展開!
アクションは、ステイでのバイトよりも、アクション中のバイトが多く、ステイなしで、ゆっくり1ピッチで誘い上げてやると良かったです。
結局、潮止まりまで釣れ続き、良い釣り納めとなりました。
ニライカナイ大林船長、友人の皆さんお疲れ様でした。
タチウオですが、年明けからも良く釣れてるので、是非、愛媛に遊びに来て下さい。

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ