SALT WATER TOP > FIELD REPORT > アンチョビドラゴンテンヤでドラゴン退治

FIELD REPORT

アンチョビドラゴンテンヤでドラゴン退治

2016年12月26日

タチウオ


皆さん、こんにちは!
四国フィールドスタッフの高田英和です。

先日、釣り仲間達とシーズン真っ只中のタチウオ釣りに行ってきました。

近年、大型のタチウオが狙える事から、瀬戸内でも人気急上昇のタチウオテンヤ。

勿論、今回はリリースされたばかりのアンチョビドラゴンテンヤでドラゴン級狙いです!

この日のポイントは、水深80m~100m。
アンチョビドラゴンテンヤは、40号と50号を潮の状況を見ながらローテーション。
当日は、タチウオの活性が今一つで、午前中はジグ、テンヤ共に厳しかったのですが、下げ潮に入ると一転。
船中でも、良型が揚がり出す中、ドラゴン級を予感させる重量感!

慎重にファイトし、揚がってきたのは、まさかのハモ!笑

ハモのサイズでは、良型なんですが、今回の狙いはタチウオのドラゴン級!
レンジ、アクションを変えながら、良型を連続キャッチし、更なるサイズUPを狙っていると、
同船していた、釣りガール未来ちゃんにドラゴン級がHit!

何と、タチウオテンヤ初挑戦にして、見事F7ドラゴンをキャッチ!
使用していたテンヤは、アンチョビドラゴンテンヤ40号(パープル/グローストライプ)。

同船していた、吉岡プロもパターンを掴み、釣れていない時間帯でも連続キャッチ!

今回、ドラゴン級を仕留める事ができませんでしたが、ジグやアンチョビミサイルでの釣りとは一味違った魅力があり、タチウオテンヤの世界にハマりそうです。
今回は、タチウオテンヤが有効でしたが、ジグが有効な状況も多々あるので、状況によって使い分ける事が大事ですね。

皆さん、大型が狙えるタチウオテンヤに、是非、挑戦してみて下さい。
お世話になったニライカナイ大林船長、友人の皆さん、ありがとうございました。

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ