SALT WATER TOP > FIELD REPORT > 絶好調 名古屋マゴチゲーム

FIELD REPORT

絶好調 名古屋マゴチゲーム

2016年12月02日

レポート


こんにちは、名古屋港フィールドスタッフの猪飼です。
名古屋港はマゴチ好調継続中です!

春夏のターゲットとしてよく知られるマゴチですが、
名古屋港では秋冬マゴチも定番化。

今年は特に3~5mのシャローエリアで良く釣れています!

今回の釣行では、イカクロー4″が大活躍でした!

カラーはカモイソガニとゴーストメロウドの反応が良かったです!
ワームのサイズや形状で、まったく反応が変わるので、
侮れないターゲットですね。

ここにきて良型のマゴチが釣れるようになりました。
まだまだ続くマゴチゲーム。

岸からも盛り上がっているようですので、
皆さんも是非トライしてみてください。

今ボートゲームで愛用しているロッドは、
ビンビンスティックHSのスピニングモデル610ML-STです。
ボートマゴチ専用モデルの青帝PRIZA210Mも気になっているので
今度試してみたいと思います。

マゴチ狙いとタチウオ狙いはタックルを共用できるので、
名古屋港ではうれしいローテーションですね。

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ