SALT WATER TOP > FIELD REPORT > 駿河湾アカムツ調査

FIELD REPORT

駿河湾アカムツ調査

2016年11月21日

中深海


皆さんこんにちわ。杉山彰浩です。

先日中深海にて出船し
アカムツゲットしましたのでレポートします。

ここ数日駿河湾ではアカムツの状況が上向いてきたとの情報が入ったため
早速アカムツ調査に行ってきました。

水深200m~250mをタングステンジグ 「シンカイザー300g」を使って探って
いきます。

タングステンは比重が高い為同じウエイトの鉛のジグに比べ早く着底し、なおかつシルエットも小さいので有利と言えます。

着底後、半ピッチもしくは1/4ピッチでゆっくりとユラユラとジグを漂わせるイメージでボトムから5m位まで探っていきます。
ジグを派手に動かすイメージよりも、ゆっくりとジグが上下している…そんなイメージでシャクっていきます。
今日はボトムから1~2m位でアタリが連発し、アカムツや外道のスルメイカなどゲットできました。

アカムツは最後の最後まで暴れるのでタモ取りするまで気が抜けず、
竿先のアタリに集中し、なおかつ掛けた後のやり取りまで気が抜けないのも魅力の一つかもしれません。

良く引き、食べて美味しいアカムツは、秋、初冬にかけてハイシーズンとなりますので
一度挑戦してみたらいかがでしょうか?

ジグ: 250g~300g シンカイザー・アンチョビメタルType Ⅱ (ゼブラカラー)

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ