SALT WATER TOP > FIELD REPORT > 欲張り!ビン&タチ便!!

FIELD REPORT

欲張り!ビン&タチ便!!

2015年12月09日

タチウオ


皆さんこんにちは、四国フィールドスタッフの高田英和です。
香川県より出船の遊漁船ポセイドン様の鯛ラバ&太刀魚乗合に参加してきました。
沢山の魚種が狙えるこの時期ならではの欲張りプラン!
ビンビン玉もアンチョビミサイル&メタルも両方楽しめちゃうんで、
BOXの中身はパンパンです(笑)

この日は潮の動く午前中は鯛ラバ、潮止まりは太刀魚というスケジュールで出港しました。
一日釣りを満喫できるうれしい釣りだと思うのですが皆さんもいかがですか?

丸一日ひとつの魚種に集中するもよし。
気軽に両方一度に体験できるのもよし。
面白い一日になりました。

 

さて、この日の状況はというと、
水温が下がってきた影響なのかボトムに鯛の反応はあるものの無反応。
なかなか手ごわい真鯛との闘いでした。

先ずはビンビン玉のバーチカルからスタート!
ウエイト、ネクタイ、巻スピードを変え、反応を見るも鯛の反応は無く、
鯛ラバセッティングに変えたビンビンインチク(60g~80g)をキャストし、
横の動きでアプローチ!

できるだけボトムから離れないよう意識して、
スローリトリーブしてボトムから少し浮かせた時に待望のバイトがありました。


バーチカルでは反応しなかった鯛に口を使わす事ができました。
終日このパターンでやりきり4枚キャッチ。

今年はこのビンチクのおかげで釣りの幅が広がっています。
ビンチクの出し所ですがこの辺りは次回の釣行レポートでご報告したいと思います。

ちなみに使用していたロッドは乗せ調子の 「BSS-67L-VCM」。
少し送り込みしっかりフッキングするように心掛けています。
信じてやれば結果がついてきますので皆さんも試してみて下さいね。

 

さて、潮止まりには太刀魚ポイントに移動し、
サイズは取れなかったもののバイト多く楽しむ事ができました。

私のタチウオジギングのセオリーはまずはアンチョビメタルtype1で、
広範囲を素早くサーチ、活性が高く巻き上げにも反応が良ければフォールスピードが速く、
手返しの良いtype1を使用します。
フォールバイトが多いor底から浮かないような状況ではtype2と使い分けています。

アンチョビミサイルは、タチウオテンヤでばかり大型が揚がるような状況では、
シルエットの大きなアンチョビミサイル、
サイズと数を同時に狙いたい場合はアンチョビミサイルターボと使い分けています。
中四国ではタチウオジギングとタチウオテンヤが両立されていますので、
その間の存在となるアンチョビミサイルはとても頼りになるアイテムです。

この日は活性が高く、
アンチョビメタルTYPE-1の1ピッチジャークの緩急を付けたアクションが有効でした。
太刀魚は同じエリアでもサイズや活性が違い、
同じアクションに捕らわれず、状況に応じて変えていく事が大事です。
アンチョビシリーズは、アクション、シルエット、カラーも豊富なので使い分けてみて下さい。

 

ポセイドン林船長様、乗合いの皆様、一日ありがとうございました。
これからは日を追う事に寒さも増してきますので、
防寒対策をして釣りを楽しみましょう。

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ