SALT WATER TOP > FIELD REPORT > 名古屋港 湾奥タチウオが爆釣中!

FIELD REPORT

名古屋港 湾奥タチウオが爆釣中!

2015年12月07日

未分類


こんにちは、フィールドスタッフの猪飼です。

現在、タチウオが爆釣中の名古屋港、サイズも数も楽しめます!!
名古屋港と言ってもかなり広いのですが、現在は相当湾奥のエリアまでタチウオが入って来ています。
私はボートからの釣行ですが、岸から狙えるエリアもありそうです。
今まで知られていなかった釣りがアンチョビミサイルシリーズのおかげで、
ここにきて、ぐんぐんと広がりを見せてくれている印象です。
皆さんも是非トライしてみてください。

さて、ここで名古屋港タチウオの釣り方を整理してみたいと思います。

釣行は主に夜。常夜灯の周辺を中心に探ります。

 

《 ルアー1 》
陸式アンチョビミサイル 21g / 28g / 35g

・使い方
広くキャストして探ります。
3回ジャークした後、1~2秒のフォールでアタリを待つのがセオリーです。
ヒットレンジを効率よく探るのにウェイトのローテーションを行います。
水深などでも使分けてみてください。

表層~ボトム付近まで、その日の状況により、どこで当たる分かりません。
パターンが掴めるまでは気が抜けませんし、タイミングによって刻々と変化していきます。
PEライン0.8~1号程度のスピニングタックルをご使用ください。

 

《 ルアー2 》
アンチョビミサイル 50g

名古屋港のボートゲームでは欠かせないルアーです。
絞り込んだタチウオの群れを直撃して数を伸ばします。
こちらはリフト&フォールからのステイで使います。

日によってやさしく動かしたり、リアクション的に大きく動かしたり、
ヒットパターンを探るように使います。

コツとしては、
とにかく “ステイで見せること” を意識すると良いでしょう。

NGな動かし方としては、
力いっぱいしゃくり続けたり、投げて巻き続けたりしてしまうこと。

上下にネチネチと “誘う” が正解です。

タックルはベイトタックルで使うのがベストです。
“アンチョビドライバー66L” などのライトジギングロッドや、
“ビンビンスティックHS” の様なタイラバロッドでもO.Kです。

 

最近の釣果はと言うと、2時間2人で指3本半〜4本半までを40匹。
サイズ&数共に言う事無しの釣行でした。
水深の有るエリアでは陸式アンチョビミサイル35gとアンチョビミサイル50g。
浅いエリアや灯周りのボイル撃ちは、陸式アンチョビミサイル21と28gでした。

今回は、ボートからの釣行でしたが、
湾奥エリアのかなり広範囲で尚且つ浅いエリアでも太刀魚を確認出来ているので、
釣行可能な陸からでも太刀魚ゲットの確率は高いと思います!

今度はアンチョビ太刀魚フックも使ってさらに釣果を伸ばしてみようかと思っています!

名港湾奥タチウオ狙うなら今!
勿論ルアーはアンチョビシリーズで決まりですね。

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ