SALT WATER TOP > FIELD REPORT > 大阪湾タチウオゲームに行ってきました!

FIELD REPORT

大阪湾タチウオゲームに行ってきました!

2014年09月25日

タチウオ


こんにちは!ソルトフィールドスタッフの杉山彰浩です。

アンチョビミサイルとアンチョビドライバーを持って関西遠征に行ってきました!
大漁生活ソルトver.で ナカジ―と吉岡君が爆釣を繰り広げていた利弥丸 さんです。

 

潮周りも小さかったので、動画同様の爆釣を期待したのですが・・・
期待とは裏腹、大阪湾タチウオは今が産卵の最盛期!?
らしく、沖の大型は口を使い辛い状況だったようです。

状況的にも決して良いとは言えない中、船団の多さには正直驚かされました、
船長曰く、「今日は普段より少ないです・・・」
関西のタチウオ人気をうかがえる風景でした。

 

 

当日は、メタルジグでは全く釣れていない状況のなか、
アンチョビミサイルではポロポロとアタリはある状態で、アクション的には、鋭く激しくシャクった後の、
少し長めの「ステイ!」 そうです、アンチョビミサイルならではの誘いが有効的でした。

 

鋭く激しいと言っても、左右へのダートはあまり意識しない方が良く、
むしろ小さい移動距離で鋭くシャープなアクションに反応が良く
ガンガンダートさせるような釣り方はかえって太刀の捕食タイミングを逃してしまったり、
ダートし過ぎにより太刀の目線から離れてしまうため、あまり有効的ではないように感じました。
もちろんすべてのタチウオがそうとは言えませんが、今回一番有効的なアクションだったと言えるでしょう。

 

今回のように鋭く激しいシャクりが有効的な場合は、
アンチョビドライバーのティップの張りを利用して、
ハーフピッチやワンピッチで鋭くメリハリをつけた「デジマキ」で
アンチョビミサイルの動きをロッドに感じながらテンポよくリズミカルに動かし、
ルアーの動きを頭でイメージしていくことが重要です。

 

今回のようなラインが真下や斜めになるような潮の速いフィールドではなおさら、
操作性に優れたアンチョビドライバーが頼りになってくるでしょう。

機会があればいろいろなフィールドに足を伸ばしたいと思います。

 

また、いよいよ “アンチョビミサイルターボ”と “アンチョビドライバー” がデリバリー開始となります!!

皆さんも、これらNEWアイテムを使用し、新たなアンチョビミサイルゲームの世界を満喫してみてはいかがでしょうか?
是非お試しください!!

 

また、 ナカジ―と吉岡君が爆釣を繰り広げていた実釣動画に関しては、

“大漁生活ソルトver” の以下のバナーよりご覧いただけます。

是非ご覧ください!!

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ