SALT WATER TOP > FIELD REPORT > アンチョビミサイルの基本のアクションとは?

FIELD REPORT

アンチョビミサイルの基本のアクションとは?

2014年01月07日

タチウオ


皆さん、こんにちは。

フィールドスタッフの高田です。

遊漁船ニライカナイ様のサーベリングチャーターに参加してきました。

松山沖もタチウオ最盛期に突入し、アンチョビミサイルも絶好調です!

この日は前回の釣行よりもバイトが多く、色々と試しながら釣りができたので、

コツもわかってきました。

皆さんアンチョビミサイルの使い方にお悩みではありませんか?

自分も最初はアンチョビミサイルの特性を活かせず、なかなか苦労しました。

しかし、解れば一気に世界が広がります。これは面白い!

 

まず参考までに基本のアクション。

スロージギングの要略でチョコんとティップで跳ね上げる程度が良い様です。

1秒に1しゃくりぐらいを基準に、リーリングでアクションさせ、

レンジが定まってきたら、ピッチをリール1/3~1/2回転程度に細かくしていきます。

しつこく丁寧に探ると下から突き上げるようなバイト!

スローな誘いでバイトがなければ、今度は強めに数発。

リアクション的にルアーを飛ばしてみます。

すると・・・ガツン!

渋い状況では、しゃくった後にラインスラッグを出してみたり、

一箇所でのロングフォールジャークも効果ありですね。

上げの誘いも下げの誘いも、縦を向いたルアーが横向きに戻る時にバイトが集中する印象です。

バレる時はフックのサイズを大きくし、

リアにアシストフックを付けると、解決する事が多いのでお試しください。

 

それと、水平姿勢を保てるアンチョビミサイルの特性なのか、スレ掛りは殆どありません。

メインフックに掛かる事が多く、ロストも今の所一つも無しです。

多彩なアクションが演出できるアンチョビミサイル!

使いこなしたらとんでもない事になる予感です。

まさに秘密兵器、次の釣行が楽しみです!

ニライカナイ大林船長、参加の皆様、ありがとうございました。

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ