COLUMN

好調!東京湾シーバスジギング

ソルトフィールドスタッフの針谷です。

今の東京湾はオープンエリアでのランカーシーバスも終盤になり、これから春先まではジギングを主体としたシーズンになります。
徐々に群れも固まりだしてビギナーでも釣り易いのでジギング入門や船釣り初挑戦にも是非チャレンジして頂きたいゲームです。

タックルは専用のロッドがあれば良いのですが、タチウオジギングでもバスタックルの流用でも釣りになりますが、ベイトリールの使用が一般的です。
東京湾の場合狙う水深はだいたいが20〜40m。
メインラインPE0.8〜1.2号程度で、リーダーはフロロ20ポンド程度。
使用するメタルジグは、水深や潮流により変わりますが60、80、100gを用意しておけばほとんどカバー出来ます。
おススメはシーバスアンチョビメタル

このジグはシーバスジギング専用設計で開発された為、テール重心でフォール姿勢も安定してるので非常に使いやすく、フックも始めから付属してますのでパッケージから出してそのままお使い頂けます。
安全面やリリースを考えるとバーブレスにしてお使い頂ければと思います。

実釣ですが乗合い船での釣りが主になると思うのですが、その場合は船長さんがポイントに着いてアナウンスがあったら直ぐにジグを落としましょう!
食い気がある魚程先にアタックして、時間が経つ程スレてきます。

指定の棚まで落としたら基本はタダ巻きで。
フォール中にもアタリがあるので棚に届く前にラインが止まったら合わせてましょう!
ジグを落とす時は必ず軽くサミングをしておいてください。

フォールのアタリが取りやすいのと乗合い船は混雑する事が多いので糸フケを余計に出すとお隣さんとおマツリやトラブルの原因にもなりますのでご注意ください。
プライヤー、出来ればフィシュグリップもお持ち頂くと便利ですよ!
これから寒さも本格的になりますがしっかりと、防寒対策をしてお気軽にお楽しみください。

<< >>