COLUMN

ライザーベイト・涸沼モンスター

皆さん、こんにちは。
ジャッカルBASSプロスタッフの郡司潤です。

今回は自分が最近ハマっている茨城県・涸沼でのシーバスゲームについて紹介したいと思います。

自分の地元である涸沼では大型のシーバスが釣れる所で有名なフィールドで、ハイシーズンの秋になるとランカーサイズ80センチ以上のシーバスを求めてアングラーも多くなってシーバスで賑わってきます。
自分も9月頃から挑戦を始めました。

涸沼のシーバスで餌となるメインベイトはボラです。

この時期になると背中にカビのような病気にかかったボラが多くなって、弱って水面付近を流され、それをシーバスが狙って捕食する。
それを良くカビボラパターンと言います。

そのカビボラパターンで最強だったルアーが、JACKALL新作のライザーベイト009P

バス用に開発されたモデルなのですが、水面直下を引き波立てながらゆっくり引いて来れるのと、重要な飛距離も凄く飛ぶので普通のルアーでは届かない沖のボイルもライザーベイトなら簡単に届きます。
それとカビボラのサイズ感とピッタリでまさにマッチザベイト!

水面直下、飛距離、マッチザベイトの3つが揃った事でまさに最強パターンになりました!

それによって最大サイズ90アップのスーパーランカーシーバスもキャッチすることができました。

ぜひシーバスにも試してみて下さい!

<< >>