COLUMN

クロダイゲーム最盛期に突入

水温も安定して上昇しつつあり、クロダイ(チヌ・キビレ)のノッコミ(産卵)もひと段落した様子です。

大型の魚を一発狙いが楽しいノッコミ時期でしたが、これが終わると共に中・小型のサイズが活発的に行動するようになり、魚の引きを楽しむには最もイージーな時期となります。

現に各地のフィールドからもクロダイゲームを楽しむ声が多数届いております。

特にメジャーな地域で釣果の声が大きいのが、ちびチヌムシ1.5″ちびチヌ蟹1″

プレッシャーの高さのほか、まだ餌となる蟹やエビが小さい為か、フッキング率が非常に高く、この2アイテムは厳寒期だけでなくこの時期には欠かすことの出来ないルアーです。

今年追加ラインナップされたグローボケジャコUVカメジャコも発売直後から多数お問い合わせいただいているカラーですので、まだの方は是非お試し下さい!

この時期に更に釣果を伸ばすコツ

警戒心の高いクロダイは日中や干潮時には、沖のストラクチャー周りやブレイク付近で回遊していることが多く、この時は重めのジグヘッドやちびチヌヘッドに遠投の効くワームで広範囲に探ることが有効ですが、朝・夕マズメや満潮前後は魚の活性が高く餌の多い岸際に寄っていることが多く、波打ち際など驚くほど釣り人の近くまで接岸していることが多々あります。

エリアにもよりますが、ちびチヌヘッドであれば2gや3.5gと言った普段より軽いリグにセットし、足元付近を探ってみてください。

竿一本分の距離で連発!と言うこともありますので、意外に他のアングラーに見落とされているポイントです。

 

クロダイが好むエリアは足場が悪いところも多くありますので、釣行の際は、ヘッドライトやライフジャケットを着用の上、安全にお楽しみ下さい!

 

クロダイワーム各アイテム詳細はこちら

 

 

<< >>