COLUMN

BIG鯛ラバゲーム・スルメデス

激流ぅー、爆流ぅぅぅううう♪ 鯛ラバ大好き、田中亜衣ですっ。

本格的に鯛ラバゲームもシーズンイン♪

乗っ込み真鯛
入り鯛
桜鯛……

言い方は違うけどBIG REDの季節

皆さま、楽しんでますか?

産卵を控えた真鯛、
いち早く産卵を終えた真鯛。

それらが混成して複雑なパターンになりがちですが、パターンを攻略すると爆発的な釣果も期待できる季節てすよね。

なにしろ、大きな個体が比較的釣りやすいのもこの時期の魅力です。

全国的にそんな季節な今。
アタシのフェイバリットは

なんと言っても「スルメデス」

スポーニング(産卵)シーズンじゃなくても大きな真鯛を狙えるタイミングなら迷わず使ってます。

Big Bait = BIG FHSH
という法則

みんな好きですよね。

だけど、

「Big Baitって使いどころがわからないから不安になる」

そんな声をよく聞きます。

よく使うアタシでも
明確なタイミングをわかって使っているわけじゃないんですよ。

Big Bait スルメデスの出しどころ

ただ、こんな時にはスルメデスを使ってるってシチュエーションとは…

・デカぃのが釣りたい!
・もしかして今が時合い?
・朝イチで雰囲気ムンムン♪
・釣った真鯛がイカを吐いた!
・最近、ここのエリアでBIG REDがよく釣れている!

そんな感じのいつもよりもちょっとだけ良いタイミング。

そんなシチュエーションを感じたらスルメデスにチェンジ!

今までにスルメデスを使ってBIG REDを釣った人なら迷わずチェンジできるけど、まだスルメデスを使った経験のない人にとっては大きなルアーに抵抗あると思います。

だけどねー
スルメデスって特別なルアーなんですよね。

シリコンやワームなどのネクタイ、いわゆる普段使う鯛ラバとは違う『存在感と動き』

決して派手な動きではないんだけどその大きさから起こる水押し感
それがスルメデスのコンセプトである「i 字系」という動き
その動きがイカや他のベイトの泳ぐ波動に似ていて真鯛から見ると美味しそうに見えるのかな。

関西に住んでいるアタシ
今ね、丹後の海が熱いの。

いつもの年より真鯛の数が多く感じる

平均サイズも大きい

そこでスルメデスを使ってのディープドテラ!

真鯛の平均サイズは他のルアーの比じゃない。

小さな真鯛が食べようか迷っているうちに横からBIG REDがバイト!

海の中ではそんな光景が…

だって、小さな真鯛の絶対数はBIG REDの100倍は居るもんね。
普通のじゃー、先に喰われちゃう!

「小さい子はお家に帰って寝んねしてなっ」
と、言わんばかりに「スルメデス」

それがBIG REDへの超近道

あとね、バイトのときスルメデスのボディーに真鯛の歯が刺さるせいでアタリが凄いのよ

噛み切ろうとしてる真鯛の野生感が手元に伝わって…

そんなドキドキを体感してほしいなぁー♪

以前のコラムでもお見せしたことがあるんだけど、ふっといスルメデスに歯型がザクザックっとこんな感じ。

ちなみに丹後でのオススメは
「緑イカ」「夜光イカ」「オレイカ」の3色。

サイズはLが基本
デカぃの釣りたきゃLLがオススメ!

兎にも角にも、
丹後に行かれる方、はたまた、違う海に行く方も、スルメデスでBIG REDを狙ってみてはいかがでしょうか。

鯛ラバゲームがさらに楽しくなりますよ。

そして、今回!

連休前に京都丹後でディープドテラに行った際の動画が遂に公開となりました!

予告編でも凄い反応があった動画なので、楽しみに待っていてくれた方もいたんじゃないかな?

この中でもスルメデスがはまっていますので、この映像を見てもらえれば、違和感無くスルメデスの凄さが分かってくれるんじゃないかな?

それではご覧くださ~いね

【ディープ鯛ラバ】ビンビン玉シリーズで大鯛祭り (京都丹後)】

<< >>