SALT WATER TOP > STAFF BLOG > BACK STAGE DIARY > 遂に公開!ビンビン玉スルメデス!

BACK STAGE DIARY

NEW
遂に公開!ビンビン玉スルメデス!

2017年05月18日

新製品情報


いよいよその全貌が公開されたビッグベイト 鯛ラバ『ビンビン玉 スルメデス』

古くから漁師達の間で万能餌として使われており、大型の鯛や青物から根魚まで、多くの魚たちの大好物として知られている烏賊(イカ)

このイカに着目し、鯛カブラとして扱えるよう長い開発期間の末、遂に完成したのがこのビンビン玉 スルメデスです!

まず特徴的なのが、このヘッド。

鉛製で出来たこのヘッドは、ビンビン玉スライド・爆流ビンビン玉スライドよりも立ち気味に泳ぎ、フラットな面で大きく水流を受けることにより、大型のワームトレーラーをしっかりと動かすパワーでアクションします。
アクションの強さはこれまでのビンビン玉シリーズ内最大となります。

またウェイトも80/100/130/160/200g、更にMEGAスルメデスとして250/300gまでがラインナップ!

流行のディープドテラにも完全対応可能です!

次に特徴的なのがこのワームトレーラー。
これまでの鯛カブラのトレーラーとしては規格外の大きさとその形状。

その大きさは

M:11,5cm
L:16cm
LL:21cm
の3サイズ。

この大きさとなると、他のルアーゲームに比べ小針を使用することが多い鯛カブラではフッキングに難が出るのですが、全体的に窪みを設けることでフッキング率の向上を図り、更にヘッドアクションと水流によりヒラヒラと艶かしく揺れ動くアクションを可能としました。
ワームトレーラーというよりも、極厚のネクタイと表現したほうがイメージしやすいのではないでしょうか。

また特に拘ったのが、その形状と厚みです。
フォール中や潮流の速い場面ではフックがトレーラーに引っ掛かり易いのですが、現場に専用のナイフとハサミを持ち込んでフォールの度に形・厚みを整え、釣行が終われば開発ルームで試作品を作って回流水槽でアクションを観察。
再び海上に出て使用感の確認というトライ&エラーを繰り返した後、黄金比的なバランスで出来上がったのが、このカタチとなります。

このトレーラーは、通常のワームと同じ塩ビ素材となる為、既存のエラストマー製のビンビンワームトレーラー(鯛カーリー・鯛節ストレート・鯛ペケ・鯛コーム)と混ぜると溶けてしまいますので、必ず分けて保管してください。

また、こちらはワーム単体での発売もございますので、海域の状況や餌となるイカの種類によって数種類ご用意しておくことをオススメします。

 

他にもギミックがございますので、次回改めてご紹介させて頂きます。

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ