SALT WATER TOP > STAFF BLOG > BACK STAGE DIARY > 「カットバッカー」フックへのこだわり

BACK STAGE DIARY

「カットバッカー」フックへのこだわり

2017年02月28日

新製品情報


今回は
『ただ巻きでスローに誘えるメタルジグ!』
新製品カットバッカーのご紹介です。

前回はルアーの特長と“軽比重金属”素材を採用してアクションレスポンスの良いジグであることをご紹介させていただきました。

今回は、もう一つの大きな特長であるフックシステムのご紹介です。

カットバッカーはお腹にも針(トレブルフック)がついています。
お腹に針があることで、ゆっくりとした誘いでも
魚を掛けやすく、バレ難い仕様になります。

通常のメタルジグと決定的に異なる点であり、
またサーフでの人気ターゲット“ヒラメ”はルアーより下側からバイトすることが多い為、
必須の仕様とも言えるかもしれません。

そして、
カットバッカーには更に魚を掛けやすくする為の工夫が施してあります。

それがこちら。

腹フックへのバイトを誘う為に、反射素材を装着しました。
ゆらゆらと揺れるジグの動きに伴って激しくアピールしてくれます。

更にフックは太く鋭い“フッ素加工”!!

“掛り”を重視するルアーなので、
このフッ素加工の針が更に大きなアドバンテージとなることでしょう。

春のヒラメシーズンに活躍すること間違いなし!

発売をお楽しみに。

【 “カットバッカー” PV 】

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ