SALT WATER TOP > STAFF BLOG > BACK STAGE DIARY > “新型ビンビン玉” 登場‼

BACK STAGE DIARY

“新型ビンビン玉” 登場‼

2015年07月13日

鯛カブラ


釣りビジョンで絶賛放映中の“J1ソルトグランプリ” や ”BinBinソルト”最新回。
ご覧いただけましたでしょうか。
これらの番組内では従来のビンビンシリーズに加えて、ニューアイテムが目白押しです!

その中から今回ご紹介させていただくのが、新型 鉛式ビンビン玉スライド
その名も『爆流(ばくりゅう)』です!!

『爆流』鉛式ビンビン玉スライドは明石や鳴門海峡、
来島海峡などの激流フィールド、あるいは深場、ドテラ流しなど、
水流抵抗が大きくかかる状況や釣り方で威力を発揮します。
タングステンのビンビン玉にも引けを取らない安定した泳ぎを手に入れた鉛ヘッドです。

 

今回はこの『ヘッド』についてクローズアップ。

まず、後部にかけて細長い流線形になっています。
鯛カブラは後方に渦のように巻き込む水流を発生し、
スカートやネクタイパーツをなびかせ魚を誘います。
しかし、流れの影響を強く受ける状態において、
実はヘッドが水流抵抗に負けて横に倒れたり、
パーツが過剰な暴れを起こし絡まってしまうことがあります。
皆さんが普段お使いのヘッドは問題無く泳いでいますでしょうか?

特に比重の軽い鉛素材の場合、
高い安定性が自慢のビンビン玉であっても200g級のヘッドサイズとなると、
バランスを保つことが難しく実用化が困難でした。

元々、鯛カブラ=ゆっくりとした巻き。といったイメージであるのも、
速い動きでバランスを保てるヘッドが少なかったからでもあるでしょう。

 

高比重なタングステン素材により、これらの問題点を克服する事に成功したのが、
タングステン鯛カブラ ビンビン玉でした。オールマイティなヘッドです。

 

そして今回、異なる視点から開発に取り組み誕生したのがこの『爆流』です。
流線形のヘッドは流れを巻き込むことなく受け流し、
パーツの暴れを軽減することに成功しました。
どんな巻きやスピードであってもネクタイやスカートが美しく動きます。

重量級ヘッドサイズの展開が可能となったことも大きなアドバンテージです。

ノーアクションに近いビンビン玉に対し、『爆流』は左右に首を振りながら強くアピールします。
これにより、動きによる使い分けも可能になりました。

 

大きな魅力を秘めた『爆流』鉛式ビンビン玉スライド。
しかし、まだ到底語り尽くせない程に新たなアイデアで溢れています。

詳しくはまた次の機会にご紹介させて頂きます。

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ