SALT WATER TOP > STAFF BLOG > BACK STAGE DIARY > 広進丸さんでアンチョビミサイルを使用したサクラマスゲーム‼

BACK STAGE DIARY

広進丸さんでアンチョビミサイルを使用したサクラマスゲーム‼

2015年05月07日

その他


ジャッカルソルトフィールドスタッフの伊藤英樹氏より、
広進丸さんでアンチョビミサイルを使用した、
サクラマスの釣果レポートをいただきましたのでご紹介させていただきます。

 

皆さんこんにちは、ジャッカルソルトフィールドスタッフの伊藤英樹です。
さて、この前の広進丸さんでのレポートを書きたいと思います。

当日は天気も良く、絶好の釣り日和となりました。
若干、波は高かったですが、自分自身、岩手での海サクラの釣りは初めてでしたので、
ドキドキもんですよね(笑)

ポイントに着き、船長の指示棚は40〜30m。ベイトは、メロウド(オオナゴ)のようです。
釣り方は、宮城とほぼ同様ですが、宮城と少し違うのはタラの居るレンジ。
メロウドの回遊レンジの少し下に張り付いている感じで、
船長の指示棚よりアンチョビミサイルをうっかりして落としてしまうと、
タラの猛攻にあいます。

場所が変わると違うもんですね。

タラのレンジが分かってからは、マスのレンジを探ります。
最初の触りは30mを少し切るあたりでしたが、うまく乗せられずミスバイト。
気を取り直して再度40mまで沈めます。

アクションを入れて直ぐさまマスの触りがありました。
しかし、ただジャレている感じのようです。

ならば、群れからハグれるメロウドをアンチョビミサイルでイメージすれば、
深くバイトをするのではないかと思い、
アクションしながらロッドを立て直線的にアンチョビミサイルを上に移動させると、
深いバイトに持ち込む事が出来ました。

岩手での、初海サクラでした。
嬉しかったですね!

「パターンはこれか!」と確信しつつはあったのですが、
その後は触りはあるものの、上手く乗せられず。

冷静に考えた結果は、ロッドを立て直線的にし、
上手くウネリの頂点に合わせることでした。
タイミングが合わないと次のウネリに入ってしまう為、
必然的にアンチョビミサイルが強制フォールしてしまい、
魚の視界からアンチョビミサイルが消えてしまうことで、バイトに至らない。

波のタイミングを見ながら、アクションをしつつウネリの頂点が来る手前で、
ややゆっくり目のタダ巻きアクション!ウネリの頂点でステイ!

これがハマり2本目3本目と出会えました!

 

同船者の方はアンチョビミサイルターボでヒット!!

 

その後もマスは掛かりましたが、自分のミスでフックアウト。
針先を確認してなかったのが原因です。
マスはクチが非常に柔らかく硬い所に針先を持って行かないと大体バレます。
針先が甘いと、フッキング時に硬い所から、柔らかい所まで針先が滑って行くのでしょうね?
マスが釣れて、気分が盛り上がる所を冷静に、針先などのチェックを忘れずに行いましょう。
ミスもありましたが、楽しい釣行でした。

また行きたいですね!岩手!

 

【使用ルアー】
ルアー・アンチョビミサイル110g
フック・がまかつ TR22ダブル1

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
ページトップへ