FRESH WATER TOP > PRO STAFF BLOG > 小野俊郎ブログ > 全国各地を飛び回る今日この頃。

小野俊郎ブログ

全国各地を飛び回る今日この頃。

2011年07月05日

その他


皆さんこんにちは。 かなり暑くなってきましたね。
シーズンも最盛期を迎え、トーナメントに取材にと全国各地を飛び回る今日この頃です。 

null

その模様はテレビや雑誌、ネットなど各媒体で紹介されている通りなのですが、
昨日、そんななかの一つ、釣りビジョンのトップ50第2戦の番組を見た「ヒデさん」こと、
宮本英彦さんから感想のメールをもらいました。

この番組では、暫定4位で迎えた最終日にカメラ同船してくれたのですが、結果は残念ながらノーフィッシュ。
一回のミスが命取りになるという、なんとも悔しい内容の番組となってしまったのですが、
ヒデさんからは、「バラシと移動タイミング、まるで自分が出ていると錯覚してしまうぐらい、
ドキドキしました…」とメッセージを頂きました。
さすが元トーナメントアングラー、ヒデさんならではのコメントですね。
そして「やっぱりトーナメントが見ていて一番楽しい」とも。

通常、トーナメント以外の取材では、良い意味でも、悪い意味でも「ショー」的な要素が含まれてきます。 
このルアーで釣りたい、とか、あのテクニックを紹介したい、とか。
意識の先には、必ず視聴者や読者の目があって、どうしても見せ物として筋書きを事前に作ってからの
釣りとなります。まるでTVドラマのように、フィクション的な部分が含まれてきてしまいます。

もちろんその分、番組を刺激的な内容に仕上げることが出来るのですが…。
ところがトーナメントでは、そんなことを言っている場合ではありません。

とにかく釣る!何が何でも釣る! そして、絶対に負けたくない!
全身全霊を尽くして、戦い抜く必要があります。 ストーリーを意識している余裕なんてありません。
とにかく必死です。 でも、だからこそ、選手一人ひとりの赤裸々な人間模様がにじみ出てくるものです。

それはまるで筋書きのないドラマとなって、時には奇跡も呼び起こしてくれます。
そう、トーナメントは完全ノンフィクション。 脚色のない真のドラマなのです。
だから、たとえノーフィッシュでも人を感動させることが出来るのかもしれません。

さて、先日ロケの終了した釣りビジョンのJ1ドリームマッチ。
http://www.fishing-v.jp/j1/?link=top:genreprogram
ジャッカルプロスタッフ最強を決定するマジバトルのトーナメント企画です。 

とはいっても、テレビ番組ですので、笑いあり、涙ありのありえない仕込み満載。
きっと皆さんにも楽しんでもらえます。 でも、釣り自体は真剣そのもの。
それぞれのプロがプライドをかけて真剣に戦っているので、ご安心を。 
きっと感動していただけると思います。 正直、今までで、一番楽しい釣り番組になっているのではないかと思います。
それだけ、出演した僕たち自身も楽しめたトーナメントでした。7月24日の放映をたのしみにしていてくださいね。

ところで、上でも紹介したドリームマッチのスペシャルサイトでは、番組の内容紹介だけでなく、
優勝者予想コーナーで一般の皆さんからも投票募集中です。
現時点では、BinBinナカジーが謎の首位独走中。 まったくもって理解できない結果となっています(笑)。 
ナカジーは選挙法違反の疑いでさっそくペナルティーですね。でしょ?大会委員長のナルオさん!!
というわけで、皆さんもこの投票に是非参加して一緒に楽しんでください!!

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ