FRESH WATER TOP > PRO STAFF BLOG > 中島成典ブログ > 秋の琵琶湖攻略3アイテム!

中島成典ブログ

秋の琵琶湖攻略3アイテム!

2009年09月24日

その他


すっかり涼しくなった琵琶湖ですが、ナカジーガイドでは北湖&南湖ともにハードルアーメインで秋らい良い釣りを展開しております♪

北湖はちょうどコアユの産卵時期になって、いわゆる“アユボール”が各河川の河口付近へ接岸してきており、そこで活躍するのが秋の北湖最強ペンシルポッパー“マッドサッカー!”
とにかく今の時期、北湖のバスはコアユのように表層を泳ぐベイトを強く意識しているので、マッドサッカーで河口付近のウィードエリアを引いてやればイチコロですね!
キモは早めの表層トゥイッチでペンシルポッパーの利点を生かして時折スプラッシュを入れるのが効果的。
早めに動かさないとルアーを見切られるので注意しましょう!

20090924-09_9_24_2.jpg

そして、このマッドサッカーパターンと併用しているのがスーパーイラプション1/2のスローロール。
数釣りのマッドサツカーに対して、バイトは少なくなりますが、4〜6メーターの深いレンジをスーパーイラプション1/2で狙ってみてください!
タイミングが難しいのですが、回遊しているデカバスが狙えますよ!

20090924-09_9_24_3.jpg

最後は特に夕方が良くなる南湖のマグスカッド115を使ったジャークベイトパターン!
マグスカッド115はロングキャストはもちろんですが、このサイズではありえないくらいよく動いて、気難しい南湖のデカバスを魅了します!
キモはしっかりジャークさせて、しっかりポーズ!
活性が低いと判断すればポーズは長めにしてください。
現在、南湖は北湖よりもターンオーバーの影響が酷いんですが、水温&水質ともに落ち着いてくる夕方ほど大型がフィーディングするので狙い目!
狙うエリアは夏場に良かったボディウォーターにあるヘビーウィードから少しインサイドへ入ったエリア。夏場大活躍したヘビーウィードが悪い水をプロテクトしてくれるので条件が悪い南湖では水質の良いエリアになっており、デカバスが集まりやすくなっています。

20090924-09_9_24_1.jpg

これから本格的な秋へ向かっていく琵琶湖!みなさんもマッドサッカー&スーパーイラプションにマグスカッドとハードルアーで楽しんでみてください♪

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ