FRESH WATER TOP > PRO STAFF BLOG > 水野浩聡ブログ > いよいよ大詰め、パドルワーム!

水野浩聡ブログ

いよいよ大詰め、パドルワーム!

2013年05月25日

未分類


皆さん、こんにちは!水野です!
現在僕は、大詰めを迎えている水野ワームのテストを連日しているところです。

恐らく今年の夏ごろには、皆さんにも使っていただけるようなところまで煮詰まってきました。

フィッシングショーで初披露させていただいてから数ヶ月。

様々なサンプルを試し、ここ最近ではかなり理想的な動きとなり、バスからのバイトも自分のイメージ通りになってきました。

ショーの時はパドル形状だったものも、最終的には見た目は変わっています。

ただ、コンセプトは変わらず、パドルの良さもミックスさせた独特の形状に仕上がりました。

フォール中のピッチの早いブルブル感、アクション後の惰性で生まれる動き、

着底後の倒れこみ、ズル引き後に水を押しながら斜めに持ち上がるテール部。

この動きどれもが、人間がラインをフリーにしている瞬間、

つまり、ほかっておいてもワームが自発的に動いてくれるもので、

その自発的アクションこそが、バスにバイトさせるための間なんです。

皆さんがフィールドで釣りをしている際、例えば水中にルアーがある状態の時に、

隣の友人と話し込んでたり、電話中、またはライントラブルでルアーが完全にフリーの状態でバスが釣れたっていう経験はありませんか?

また、僕の好きなテキサスリグの釣りにおいて、最もバイトが集中する瞬間というのがアクション後のステイ中でした。

そんな人間が意図してアクションしていない瞬間に、水中で勝手にワームが動いてアピールしたら、

バイトがより増えるのでは?っと考えたのがこのワームを作るきっかけでした。

どうしても、アクションをつける時は糸鳴りしてしまったり、

ルアーの手前のラインがウィードなどを不用意に動かしたりしてしまい、それをバスが嫌がることが多々あります。

だからこそ、いかにその間でバスに食わせるタイミングを与えるかっていうところに重きを置いて開発させていただきました。

 

それで、ハンドポワード(手流し製法)製法によって、より柔らかく、艶めかしく動いてくれるようにしたわけですが、

バスが食った後に口に入っている時間が長かったこともテストでは良く起こる現象でした。

そういう間で食ったバスは変な違和感を持ってないことが多いので、バイトも深いんですね!

このワームが放つ、オートマチックアクションは特にプレッシャーのかかり切ったフィールドでは本当に効果的でした。
いよいよ発売メドが立ってきた水野ワーム。

テキサスリグや、キャロライナリグ、ヘビーダウンショット、スペードジグなどのラバージグのトレーラーなどなどとにかく活躍の場がたくさんあるワームに仕上がりました。

本当に楽しみにしていてください‼

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ