FRESH WATER TOP > PRO STAFF BLOG > 水野浩聡ブログ > コブラテール中層スイミング

水野浩聡ブログ

コブラテール中層スイミング

2012年07月14日

その他


こんにちは‼
最近ボートでも陸っぱりでも使用頻度が高く、
ハマっているワームがあるので紹介させていただきます。

null

そのワームとは実はコブラテールなんです。
本来はベイトフィネスでの釣り対応でオフセットフックを装着できるように設計されていますが、
ライトカバーもしくはオープンウォーターではそれだけでなく、通常のマス針セッティングでも威力を発揮してくれています。
やはりマス針の方がよく動いてくれることもあり、
ガイド時にも、混み入ったカバー以外で使うのであればこちらのセッティングで使うことの方が多いくらいです。

null

コブラテールの良いところは、浮力が高いのでネコリグでのスイミング姿勢やボトムでの着底姿勢が圧倒的に良く、
根がかりも少なくなるうえに安定したアピールを出し続けてくれる点。
流れなどがあってもその姿勢をしっかりキープすることができるし、
ボトムにほかっておいてもユラユラとアピールしてくれるので、
すぐに寝てしまうようなワームよりもバスが見つけてくれやすいメリットもあります。

ちなみに、ここのところ調子が良いのは、
1/96ozという超軽量シンカーを入れて一定層をゆっくりとスイミングさせる釣りです。

null

例えば野池のインレットを攻める際、水面系ルアーには出切らない状況でもこの釣りでフォローができます。
ガイド時にもこの状況下でゲストさんにビッグサイズが食ってきたり、
流れのある川の橋脚攻めでもコンディションの良いバスが釣れています。

オフセットフックを使ったカバー攻めにももちろん使っていただきたいですが、
それだけでなく実は本当にありとあらゆるシチュエーションで活躍してくれているのです。
通常のマス針セッティングのネコリグにもぜひ使ってみてください!

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ