FRESH WATER TOP > PRO STAFF BLOG > 水野浩聡ブログ > TNシリーズローテーション方法。

水野浩聡ブログ

TNシリーズローテーション方法。

2012年04月08日

その他


皆さん、こんにちは!トランポ水野です!

すっかりフィールドは春の気配が漂ってきて、
各地で動き出したバスの捕獲情報などをよく耳にするようになりました。

僕の地元の野池でも頻繁に釣果が上がっていて、
個人的にはTNシリーズをこの時期でも多用しています。

冬はバスが溜まりやすい最深部のボトムノック攻めがメインでしたが、
産卵に向けシャローに上がるバスも多く、ブレイクと、それよりも上のシャローもしっかりチェックする必要があります。

現在はTN60と65をローテーションして釣っていきます。

一見、サイズの大きなTN65を深いポイントへと考えがちですが、
このモデルはアクションの振り幅はタイトで早巻きとの相性が特に良いと感じています。

そのため、ブレイクよりも上のシャローエリアでの使用頻度が高く、
水深50cmしかないような超シャローに陣取るバスに狙いを絞って釣っていき、良い釣果が上がっています。

エサを求めてシャローへ上がってくるバスは写真のように丸呑み!

null

また、まだまだ冬を引きずっているような野池では、TN60のボトムノックで攻めるようにしています。
春を意識したバス、エサを食いに上がってくるバス、冬っぽさが残るバス、そのどれもがTNシリーズなら取っていけていますよ!

冬っぽさが残る低活性なバスはリアフック一本がギリギリ外掛かりしています。

null

4月を迎えますが、まだまだ気温差の激しい時期。狙うコースが違うだけで色んなタイプのバスを選んで釣っていくことが可能です。

皆さんもぜひ、フィールドに出て試してみてください!

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ