FRESH WATER TOP > PRO STAFF BLOG > 川島勉ブログ > ポニーテールに激しくバイト

川島勉ブログ

ポニーテールに激しくバイト

2016年03月22日

亀山ダム


皆さんこんにちは、川島勉です。
釣果が上向いてくる季節になってきました。
とはいっても気温や天候が不安定で、水温も一定に上昇とは行かず釣果も日替わり。
でもこんなタイミングは意外にも浅いレンジの巻物系で、
ポロッと出ちゃったりします。

この時期、亀山ダムのデカバスは浅いレンジで餌を捕るので、
自分は毎年その水深に絞って狙っています。
先日、“ポニーテール” にゴーマルが飛び出したのですが、この時は単なるただ巻きでは反応が悪く、
バスを更に刺激するアクションが必要と感じたので、
ちょっとした動きを演出し狙ってみたところ、
その個体には当てはまったようで、
水面に飛び出したポニーテールを押え込むように激しくバイトしてきました。

そのアクションは餌が危険を察知して逃げるような動き。

あくまでもイメージなのですが、水中に飛び込んだカエルは慌てて水面方向に泳ぎ出したり、
バスの餌となる魚が危険を察知したとたん、
急に速度を上げ水面方向に逃げたりする、潜って行かない動きがよろしいです。
この動きを演出してあげるとその気になるバスがいます。

この時期、浮いてきているデカバスはボトムに向かって潜って行く餌を追って行き食べる感じはなく、
目線付近や目線上のモノに圧倒的反応が良いです。
ポニーテールをスローに巻き、バスが浮いているであろうレンジ付近をトレースし、
バスが潜んでいそうな場所や通過後のタイミングで強めのトゥイッチか、
リールのハンドルを素早く一回点させ糸ふけを極力出さないようにします。
すると今までゆっくりフリフリと泳いでいたルアーがいきなりスピード、
アクション、軌道を変えダートします。時には水面に飛び出したりもします。
その動きの変化にバスが反応してしまうのだと思います。

リアクションの釣りと言われているやつですね。

先日、釣れたバスは久しぶりにシビレましたよ!
今まで見てきたバイトシーンの中でもベスト5に入るくらい、
興奮する激しいバイトで脳裏に焼きつきました!
使い方しだいでは様々なパターンが楽しめるポニーテールで、
自由に遊んでみてください!

 

過去のジャッカルステーションでは、ポニーテールを使っての実釣動画も公開されていますので、
皆さん是非、ご覧ください。

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ