FRESH WATER TOP > PRO STAFF BLOG > 五十嵐将実ブログ > ソウルシャッドのもう一つの使用法。

五十嵐将実ブログ

ソウルシャッドのもう一つの使用法。

2013年04月15日

河口湖


みなさんこんにちは!

先日河口湖に行ったときのお話をちょこっと・・・。

この日はセイラミノーをベースに湖各地をランガンしていくと、

チェイス多発だったんですが、『食わない』。

 

なぜか?

理由としては、風が吹きすぎてルアーコントロールが出来ずバイトに待ち込めない状況だったので、

セイラミノーを使い、午前中にバスが居る場所を把握して、

午後にソウル58spでスローリトリーブでバイトに持ち込む事が出来ました。

この後クランクなども使ってみたんですが動きが強すぎで食いませんでした。

 

ここ最近早巻きの使い方が多いですが、

濁りや風などを味方に付ければクリアーレイクなどでもスロ ーリトリーブでもバイトに持ち込めます。

じゃあ早巻きじゃダメなの?って思いません??

まだ水温が低いので早く巻いてマグレの『リアクション』で食わせる事が出来ても、

しっかり狙いを定めて『追わせて』食わせる状況じゃなかった。

 

オイカワなどを追い回す時期になったら河口湖でも早巻きが爆釣するでしょうね。

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ