FRESH WATER TOP > PRO STAFF BLOG > 五十嵐将実ブログ > 密かにテストを重ねてきたNEWクローワーム。

五十嵐将実ブログ

密かにテストを重ねてきたNEWクローワーム。

2014年02月24日

その他


皆さんこんにちは、五十嵐将実です。
 
今回は僕が密かにテストしていたクローワームを紹介したいと思います。
 
このワームのテーマはカバーの一連動作と無駄の無い動きで、
 
飾り付けのパーツは一切ありません。
 
まず、先端のカーリーの爪はフォール中に存在感のある動きを演出し、
 
さらに、二の腕部分のパドルはカーリーの爪と連動して動くことによって、
 
一つの腕で二つのアクションを生み出します。
 
腕の付け根を細くしたのはカバーなどに引っ掛けてシェイクすると腕を大きく動かせるので、
 
フットボールジグなどにセットしても腕の振りを最大限に活かす事ができます。
 
 
 
 
次に真ん中のパーツ。
 
足の付け根を太くしたことでアシや枝などに引っ掛けてシェイクする時に
 
細かくハリのあるアクションを出すことができます。
  
テストではこのパーツがあるワームと無いワームを比較すると、バスが鼻っ面まで見に来た時に大きな差が出ました。
 
カバーに投げて落とせばバスはフォール中かボトムに着底したらバイトしますが、
 
ハイプレッシャーの場所だったりカバーにバスが浮いている時は中層でシェイクして誘うこともよくあります。
 
その時にこのパーツの細かいハリのあるアクションが近距離戦のバスに食わせる力を発揮します。
 
 
次はこのパーツ。
 
このパーツはクローワームの心臓部です。
 
こんなに小さなパーツですがバスを食わせるパワーはとてつもなく、
 
バスの大好物のピリピリ波動を出します。
  
 
とにかくこのワームは色々な波動を詰め込んでありますが、
 
オススメのリグはテキサスリグ、ヘビーダウンショットリグ、ラバージグのトレーラーです。
 
春は風が強く、マッディー水系だと強風の影響で濁りがキツくなり、
 
波動の強いルアーじゃないとバスを食わすことは難しいです。
 
しかし、そのような状況でも”水を強く押す二の腕と爪”
 
“食わせの波動”を持っている僕の作っているクローワームは頼りになります。

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ