FRESH WATER TOP > PRO STAFF BLOG > 早野剛史プロ > 亀山初バスはカバー攻略で

早野剛史プロ

亀山初バスはカバー攻略で

2017年01月24日

プロスタッフ


皆さんこんにちは。こんばんは。
プロスタッフの早野剛史です。

先日年始の亀山ガイド期間の空き日にプライベートで、亀山初バスハンティングへ出かけてきました。
ガイドメインにしていると、プライベートで出る機会も意外に少ないので、
「ビッグフィッシュをシャローメインに攻略する」
をテーマに強気のタックルのセットで挑んできました。

この日は午後からの短時間釣行でしたので、ガンタレル、ダンクル・カバー系に絞って回ってみました。
1級の条件が揃っているカバーへガンタレルでチェックしているとポーズ中に、ビッグサイズが浮上してくるもののバイトに至らず…

時間を少し開けてフォローでカバータイプのスモラバのトレーラーにワムワムをセットしロングシェイクするとガツンとグッドサイズがバイト!
40後半のグッドサイズが反応してくれました。

ワムワムをトレーラーに使っている理由は幾つかあります。
カバーの中層を釣るので、比重があるワムワムを使うとリグが水平気味になり易く、ロングシェイクなどで魚にルアーを見せて喰わせる際には有効なのが一番の理由です。
その他には、キャスティングしやすくなったり、ラトラー等のパーツが入れ易い等の理由が挙げられます。

ワムワムをトレーラーにする際は、ボディのセンターを少しカットして下部が動きやすくして使っています。
高比重のトレーラーをセットすることで奥行きのあるオーバーハング等もベイトフィネスで攻めやすくなりますので是非試してみてください。

タックルセッティング

ロッド→ポイズングロリアス166L+
リール→アルデバランBFS XG
ライン→レッドスプール10ポンド ※いつもは12ポンドのセットが多いですが、当日強風+サスペンドラインが深めという読みで10ポンドへ変更というセッティングでした。

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ