FRESH WATER TOP > PRO STAFF BLOG > 秦拓馬ブログ > 「ダンクル7」に求めたモノとは?

秦拓馬ブログ

「ダンクル7」に求めたモノとは?

2015年09月24日

ルアー


こんにちは、俺達。秦拓馬です。


とにかくでっかいバスが釣りたい!
そんな中で、俺達。がダンクルを開発するにあたり求めたモノ、
それは釣る為の性能を高める事は勿論、
他のスイムベイトでは進入できないスポットへの攻略を可能にするフックシステム、
そして壊れにくさ、以上3点がメイン。

 


過去に溺愛し、数々のビッグフィッシュを獲ってきたニトロベイト7インチを超えたい、
その為に先ずは、リアル値を高める為の塗装を施すことで、
ワームのみのカラーでは表現しきれない艶めかしさ、
インパクト、そして圧倒的な生命感を手に入れることが出来ました。

 


次に、ボリューム感ある水流こそ大きなベイトフィッシュを表現できる為、
ヘッドをバルキーにデザインし、
止水域から流れの強い川まで様々なコンディション下を泳ぎ切るスピードの速度域を広げる為に、
かつ、最もバスが反応してくるアクションを出す為に、
ボディ&テールのデザインをイチから見直し、テストを重ねてきました。

 

そして何と言っても、ダンクルの最大の特徴が、
ボディの上下どちらにもワンタッチでフックを付け替えられるシステム。

これにより、表層中層をスイムさせてくる場合の下からのバイトに対応する腹バリセッティング、
そしてボトムコンタクトリトリーブやカバー内を根掛かることなく攻め切れる
背バリセッティングによって死角の無いアプローチが可能になりました。
しかも、フックをホールドするパーツやラインを結ぶアイをインナーコアによって繋ぐことで、
フルキャストしても壊れにくく、
複数匹のビッグバスを釣っても繰り返し使えるタフさを手に入れることが出来ました。


もちろん、バスが掛かればフックはフリーになり、
スイベルがローリングすることで身切れを防ぎ、
キャッチ率向上にも繋がっています。
四季の中に、ビッグベイトに反応が高まる瞬間は何度もあります。
そんな時に投入してもらえばビッグバスを引っ張ってきてくれると思います。

発売をお楽しみに!

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ