FRESH WATER TOP > FIELD REPORT

FIELD REPORT

キーバーンで4700!

2017年03月16日

琵琶湖


皆様、こんにちは。 ジャッカルフィールドスタッフ 琵琶湖ガイドのホンツです。 今が旬! まさにそんな感じのある、キーバーンでのシャローへと向かうサカナを狙う展開。 前回のレポートでも書かせていただいた、本格的なスポーニングシーズンに向けて動いているサカナを狙い撃ちです。 たくさんバイトがある展開ではないのですが、反応があり釣れてくるのは50を超えてくるサカナばかりのエキサイティングな展開で...

MORE

抜群の安定感 ”ウォブリング”

2017年03月14日

琵琶湖


  皆さん、こんにちは! JACKALLプロスタッフ・琵琶湖ガイドの柴田洋生です。 3月に入り徐々に水中は安定し始めてきました。 まだまだ簡単には口を使わない厳しい状況ではありますが、 バスは春のポジションへと意識して少しずつ動いているように感じます! 安定感抜群の”ウォブリング”ダウンショット 巻物での反応もポツポツ出るようにはなってきましたが、 僕の真冬の得意パターンであるウォブリン...

MORE

早春のワカサギパターンにリレンジ!

2017年03月08日

レポート


皆様こんにちは。 JACKALLプロスタッフの馬場拓也です。 私のメインフィールドである霞ヶ浦水系にもようやく春が訪れ、シャローでグッドコンディションのバスが釣れ出すようになりました。 毎年恒例ですが早春にオススメの釣り方、ワカサギパターンのご紹介です。 霞ヶ浦水系でのこの時期のメインベイト、ワカサギは10cmを超える個体も多く、やや大きめのジャークベイトがよく釣れる事が近年話題になってきています。...

MORE

春のポジションに移動中のバスをメタルでリアクション!

2017年03月07日

レポート


皆様、こんにちは。 ジャッカルフィールドスタッフ・琵琶湖ガイドのホンツです。 フィッシングショー大阪・キープキャストも終わり琵琶湖も春に向けて水中の中は確実に進んでいます。 今シーズンの琵琶湖はウィードが少なく、ちょっとした地形の変化や、残っているウィードにサカナが着いている傾向でざっくりとではなかなか釣りにくい状況となっております。 人間的には春のような気候ですが、水温は平均して8~9度台...

MORE

早春のリザーバーをハードベイトで攻略

2017年03月01日

レポート


こんにちは、フィールドスタッフの樋口祐太朗です。 年が明けしばらくは冬らしい本格的な寒さに見舞われていましたが、ここ数日は暖かい日が続き、ようやく春の訪れを予感させる気候となってきました。また大雨が降ったこともあり、四国のフィールドでは水温の上昇に加えて水に濁りが入り、魚に出会える確率がグッと上がっています。 先日の釣行では、濁りを味方に付けチャブルとリレンジといったハードベイトを中心とした釣り...

MORE

利刃で縦スト攻め

2017年02月24日

レポート


皆さん、こんにちは! 四国フィールドスタッフの高田英和です。 3月も間近に迫り、暖かい日も多くなってきました。 暖かくなってきたとはいえ、水温が急激に上がる訳ではないのですが、 バスのポジションは徐々に変わり始め、ホームリバーでは冬場に深場に集まっていたバス達もシャローに散り始め、 早い個体はスポーニングを意識し、上流へ遡上し始めました。 数は減ったとはいえ、深場の狙いでは相変わらずウォブリ...

MORE

各地の釣果レポートをご紹介

2017年02月20日

レポート


徐々に春に向かって季節が進んできておりますが、まだまだ寒い日が続いております。 1月と2月は各地で行われるフィッシングショー関係が注目されがちですが、厳冬期にもかかわらず各地のジャッカルユーザー様から釣果報告を頂いておりますので、その一部をご紹介します。 中山様 ■ロッド:ポイズンアドレナ1610MG ■リール:メタニウムmg-DC ■ルアー:TN ■サイズ:49cm ■場所:野池 1月9日、今回は早朝から午前...

MORE

釣果先取り リレンジパターン

2017年02月07日

レポート


皆さんこんにちは! 旧吉野川プロガイドたかさんの旧吉なう!でお馴染み、 フィールドスタッフの赤松です。 気が付けばもう2月、 しかしまだまだ冬の延長線上なフィールドですが、日照時間が伸びてきた事もあり動き始めたバスも増えてきましたね! これから早春にかけて効果抜群なのがリレンジ130SPのパターン! こちらのフィールドですが現在水温が7度~9度をいったりきたりな状況ですが、連日リレンジ130SPで...

MORE

海外のお客様にもウォブリングでモンスター!

2017年02月02日

琵琶湖


皆さん、こんにちは! JACKALLプロスタッフの柴田洋生です。 先日、年に1度のフィッシングショー開催に向けて、来日中の海外からのお客様を琵琶湖でエスコートさせて頂ける機会がありました! 撮影もしたいという事で北湖~南湖を案内させて頂き、 JACKALLルアーの解説・水中映像等も撮って頂けました。 走行シーンやコメント撮りなどもあって釣りを開始したのは11時頃~、 開始1投目からスーパーラッシュが...

MORE

メタルバイブとは違う波動でデラクーを!

2017年02月01日

琵琶湖


皆様こんにちは。 ジャッカル・琵琶湖ガイドのホンツです。 昨年の秋ごろから琵琶湖ではエリアによってサカナが1箇所に固まる傾向を強く感じています。 ガイドでメインにしている琵琶湖南湖の西岸エリアに関しては、ウィードが残っているエリアの攻略が非常に重要となってきており、そこにサカナが固まっているエリアを探すというのがキーになっています。 当然、そういったエリアには船団が出来てしまうのですが、その...

MORE

琵琶湖初バスはTNトリゴン

2017年01月25日

琵琶湖


皆様、こんにちは。 ジャッカルフィールドスタッフ 琵琶湖ガイドのホンツです。 2017年、1発目のバスをゲットできたのは、TNトリゴン! TNトリゴンの特徴といえばやはり圧倒的な飛距離です。 ボートからの場合ですと、飛距離というアドバンテージを感じる機会が陸っぱりに比べると少ないのですが、 TNトリゴンを使用してのリフト&フォールで攻略する時にはやはり飛距離が重要になってきます。 使用していた...

MORE

D-Bill SHAD 55MRで明けオメFISHを連発!!

2017年01月23日

レポート


皆さん、こんにちは! フィールドスタッフの早乙女です。 先日、明けオメFISHを求めて霞ヶ浦にエントリーしてきました。 本格的に冬に突入した霞ヶ浦ですが、この時期定番の石積みでD-Bill SHAD 55MRでナイスフィシュが連発! 石積みでもディープへの張り出し部分や杭等の縦ストが絡むエリアでよりスローに丁寧にリトリーブし、石積みにファーストもしくはセカンドコンタクト後にバイトが集中。 D-Bill SHADはダッ...

MORE

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ