FRESH WATER TOP > FIELD REPORT > 越冬バスにソウルシャッドが炸裂中!

FIELD REPORT

越冬バスにソウルシャッドが炸裂中!

2016年01月18日

レポート


皆さん、こんにちは!
JACKALLフィールドスタッフ・琵琶湖ガイドの柴田洋生です。
新年早々から沢山のゲスト様が遊びに来てくれて、
冬のバスフィッシングを全力で楽しんで頂いております!

『 冬は寒いし釣れないんじゃないの~!? 』

というお言葉を良く耳にしたりする事がありますが、
僕のガイドでは今のところノーフィッシュはゼロです!!

 

その抜群の安定感を誇る立役者となっているのは・・・

ソウルシャッド62DR 【 HSシークレットヒウオ 】
発売を直前に控えた、プロセレクトカラーの1つ。
以前からお伝えしている、僕のソウルオリジナルカラーですね!

 

冬のバスは水深のある越冬場所で過ごす傾向にあり、
琵琶湖バスに関しては “ 氷魚 ”をメインに捕食しています。
その深いレンジへとソウルシャッドのヒウオカラーを潜らせてあげて、
2トゥイッチ&1ポーズのアクションをひたすらに繰り返すだけ。

100%と言っていい程にポーズ中に喰う事がほとんどで、
ルアーをひったくっていくバイトには大興奮しますよー!!

 

このバスは、ソウルシャッドを完璧にエサだと思って丸飲み!

もちろん簡単に釣れる季節ではありませんが、
バスにアジャストしてあげる事で必ずチャンスはくるんです。

皆さんも、寒さに負けずフィールドへ!
価値あるバスを捕獲して熱い冬を過ごしましょう!!

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ