FRESH WATER TOP > FIELD REPORT > 霞水系 シラウオパターン

FIELD REPORT

NEW霞水系 シラウオパターン

2017年05月19日

レポート


皆様こんにちは、JACKALLプロスタッフの馬場拓也です。

今回は霞水系の春の風物詩、シラウオパターンについてレポートさせていただきたいと思います。

水温も20度近くまで上がりました。
5月前後が産卵期にあたるシラウオは表水温が上がるタイミングで表層近くに湧いてきます。

産卵期のシラウオは5〜10匹くらいで表層でじゃれ合うように固まって泳いでいる事が多く、そのタイミングで捕食の対象となりやすいのです。

そんなシラウオを狙うバスを釣るのにオススメなアイテムが「シザーコーム」です。

8つのアームから発生する微波動はシラウオの群れが出す複数の細かな波動にそっくりなのです!
そして今月発売したばかりの「カスミシラウオ」はこのシラウオパターンに最も適したカラーとして私が監修させていただいた新色となります。

その証明として、ジグヘッドリグで泳がせただけでも大量のシラウオがシザーコームを追尾してきます。

実際に水中でその現象が起こるので、自分の泳がせているシザーコームの周りにシラウオのスクールができるという状況を作れるのです。


こちらのバスは杭にサスペンドしていたバスです。
シザーコームを杭の先に投げて表層付近を引き、シラウオを追尾させてスクールを作りバスに気付かせます。
その後、杭の付近でカーブフォール気味にミドストさせてルアーをスクールから逸れた弱ったシラウオのように演出して喰わせました。

この釣りでメインで使用するタックルはスピニングのBPM(BS66L)です。
フィネスバーサタイルな66Lは、このようなライトリグもストレス無く飛ばすことができて、細めのフック、ラインでもブレイクする事なく安心してファイトが楽しめるロッドとなっておりますので、シラウオパターンをはじめとした様々なスピニングの釣りを楽しみたい方にオススメな番手です。

JACKALL シザーコーム2.5(カスミシラウオ)
JACKALL ワッキージグヘッド0.6g
JACKALL BPM(BS66L)
JACKALL レッドスプールレグナム4lb

このようにベイトフィッシュに似せて釣るだけでなく、ベイトフィッシュその物をも巻き込んでバスに口を使わせる事のできるのがシラウオパターンなのです!

釣れたバスの口の中にシラウオが入っている事も良くあります。

シザーコームは巻くだけで微波動を生むことができるので、初心者の方でも簡単にこの時期の気難しい魚を取ることができるのもこの釣りの魅力です。

多くの人に霞水系のシラウオパターンを簡単に体験してもらうために考案させていただいた「カスミシラウオカラー」

是非今年の春は、ベイトフィッシュと協力して中層のバスを魅了していただけたらと思います。

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ