FRESH WATER TOP > FIELD REPORT > 適材適所なルアーセレクトで霞ヶ浦水系を攻略

FIELD REPORT

NEW適材適所なルアーセレクトで霞ヶ浦水系を攻略

2017年05月16日

レポート


皆さん、こんにちは。郡司潤です。

トーナメント後やゴールデンウィークで人が多くプレッシャーが高い霞ヶ浦水系でしたが、しっかりと釣果を上げることが出来ました。

霞ヶ浦本湖はマッシュボブMRウォブリングで攻略!

マッシュボブのカラーは今年NEWカラーモエビシャッド!
ゴリやエビなどをイメージしてカラーセレクトしました。

根掛かりが多いエリアでも引いて来れるルアーなので霞水系にとっては凄く使いやすくて、釣果が出るルアーです。

また、クランクで流した後はウォブリングのヘビダンを使ってテトラの中に落としたり、外をスイミングしたりしてテンポよく探りました。

小さいボディながらもしっかりとカーリーテールが波動を出してアピールするので、ヘビダンやライトリグなどに凄く効果的です。

利根川水系ではネコリグ
常陸利根川では水門や杭周りをネコリグを使って攻略。
今年から出たネコフリックフリックシェイクが活躍してくれました。

レッドスプールBFSを使ったベイトフィネスタックルを使ってカバーに絡めてじっくりとシェイクさせてバイトしてきました。
鉄クイや木に絡めてるので、レッドスプールBFSを使って巻かれても確実にランディング出来ます。

ぜひ皆さんも使ってみてください。

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ