FRESH WATER TOP > FIELD REPORT > マッシュボブの使い分け春バス連打!

FIELD REPORT

NEWマッシュボブの使い分け春バス連打!

2017年05月08日

レポート


皆様こんにちは、JACKALLプロスタッフの馬場拓也です。

霞水系もいよいよ春本番、スポーニングシーズンとなります。

水温の上昇に伴い、シャローで活性の上がった魚はやや強めの波動を好んでアタックしてくるようになります。

以前のレポートで御紹介させていただきました「マッシュボブ」に追加してもらった私のオリジナルカラー「ババタク護岸クロー」

で良い釣果が出だしておりますので、更に詳しくレポートさせていただきたいと思います。

基本的にカバーにタイトにコンタクトさせながら巻いて使いますが、肝心になるのがSRとMRの使い分け方です。

マッシュボブSRとMRの使い分け
まずはそのエリアのレンジで使い分けます。
私の場合は1mより浅ければSR、深ければMRといった感じで使い分けております。
釣りをするエリアの水深に合わせたレンジのルアーをチョイスすることによって、より釣りやすいアプローチができるという事です。

しかし、場合によっては1mより浅い場所でMRを使う事もあります。
その理由は、ストラクチャーにタイトにキャストして急潜行でコンタクトさせたいからです。

SR/MR共にダックビル形状のリップが採用されていて、根掛かり回避能力が抜群に高いので、コンタクトさせたいレンジによってSR/MRを使い分けられるのです。
目に見えるほど表層に近い位置にあるストラクチャーにコンタクトさせるならばSRがベストです。

こちらのバスは、周りと比べ少し浅くなっているアシ際の沈み物などに絡めながらバイトに持ち込みました。

JACKALL マッシュボブSR(ババタク護岸クロー)
JACKALL BPM(BC67ML)
JACKALL レッドスプール14lb

普通のクランクベイトだと根掛かりが怖くて投げたくないような場所ですが、マッシュボブなら何も気にせず巻きまくれるのです!

BPMの67MLでクランキングをする場合、非常にしなやかで使いやすく、マキモノに適しているフロロカーボンライン「レッドスプール」がオススメ。
もちろんMRも同じセッティングで使ってもらえます。

こちらのバスは対岸にあるストラクチャーに、着水後すぐに巻いて強くコンタクトさせて喰わせました。

JACKALL マッシュボブMR(ババタク護岸クロー)
JACKALL BPM(BC67ML)
JACKALL レッドスプール14lb

このようにSR/MRの使い分けで、春のシャローエリアをマッシュボブでより攻めやすくなりました。
もちろんボートフィッシングからのシャロー攻略にも効果的です。

皆様も是非マッシュボブのSRとMRを使い分けて、春のカバークランキングパターンを楽しんでみてはいかがでしょうか。

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ